ホーム > お知らせ > 初代-53kg王者・武居由樹、これは“一人WILDRUSHリーグ”の末に掴んだチャンピオンベルト!?「誰とやっても倒せるチャンピオンになりたい」

お知らせ

初代-53kg王者・武居由樹、これは“一人WILDRUSHリーグ”の末に掴んだチャンピオンベルト!?「誰とやっても倒せるチャンピオンになりたい」

1465821334_0sp.jpg

[2016/06/13]

 6月13日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、6月12日(日)東京・後楽園ホール「Krush.66」で初代-53kg王座に就いた武居由樹が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 ダブルメインイベント第1試合で上羽優希をKOで下し、見事に初代-53kg王座の栄光を手にした武居。真新しいベルトを肩にかけて会見に姿を見せると「足立区の武居です」と定番となった自己紹介で挨拶し「昨日は一瞬で終わって夢の中にいるような気分でした」と語った。

 試合は準決勝に引き続き、右アッパーからのKO勝ち。武居曰く「あまり試合のことは覚えてないのですが、最後のフィニッシュは右アッパーが当たって『これで倒れる!』と思いましたね」と身体が自然に動いた一発で、戦前に口にしていた“今、流行りの必殺技”は「一回は出したんですけど当たらなかったので失敗です。次につなげます(苦笑)」と次戦にお預けとなったようだ。

 試合後、応援団の面々と食事に出かけたという武居は「家に帰ってからは朝まで布団の上でゴロゴロしていました。ベルトを眺めてキレイだなと思ったり、これからベルトを汚していきたいと思います(笑)」。

 プロ9戦目という比較的に早いタイミングでの王座戴冠となったが「周りからは『やっとここまできたな』と言われましたし、格闘技を始めて10年ちょっとで、人生の半分は格闘技をやってきたので、やっとと言えばやっとですね」と自身のキャリアを振り返る。

 POWER OF DREAMの古川誠一会長からも「『こんなんでよろこんでんじゃねえ!まだまだだ!』と言われました(笑)」と王者になってもなお喝を入れられ、「これからもどんどん試合をやっていて、誰とやっても倒せるチャンピオンになりたいです」と理想の王者像について話した。

 4月のトーナメント開幕前から2カ月に1試合のペースで試合を続け「この1年で6試合やったので、僕の中では一人でWILDRUSHリーグをやっているつもりでした(笑)」と武居。「トーナメントが始まってからは1日も休むことなく毎日練習してきたので、ベルトを獲って完全に気が抜けちゃいました。今後のことはまだ全然考えてないので、ゆっくりゆっくり会長や宮田(充プロデューサー)さんと相談して決めていきたい」としばらくは心と身体を休める時間にしたいと話す。

 宮田プロデューサーも秋以降の初防衛戦を示唆し、挑戦者については「-53kgは新たに参戦が予想される選手もいるし、K-1甲子園・K-1カレッジから選手が出てくることも予想されます。若い選手を中心にたくさん選手がいるので、そこから挑戦者に相応しいか選手が出てくると思います」とコメント。

 また武居は昨年4月にプレリミナリーファイトながらK-1デビューも果たしており、宮田プロデューサーは「階級は-55kgになりますが、タイミングが合えばK-1も狙って行ってもいいかなと思います」と武居のK-1再出撃も後押しする構えだ。

 なお会見や公の場で“足立区の武居”と足立区アピールを続けている武居だが「まだ足立区さんから何も反応がありません(笑)」とのこと。しかし今後も足立区アピールは継続して続けていくという。

 Krushの最軽量級=-53kgながら、7勝のうちKO勝ちが5つという高いKO率を誇る武居。足立区が生んだ“壊しのベビーフェイス”の今後の活躍に注目だ!

  • 1465821334_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます