ホーム > お知らせ > 6・12「Krush.66」佐々木大蔵、第4代-63kg王座決定トーナメント決勝に集大成をぶつける!「遂に自分がチャンピオンになる時が来たという想いです」

お知らせ

6・12「Krush.66」佐々木大蔵、第4代-63kg王座決定トーナメント決勝に集大成をぶつける!「遂に自分がチャンピオンになる時が来たという想いです」

1465417703_0sp.jpg

[2016/06/09]

 6月12日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.66」の[第4代Krush -63kg王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R]で平本蓮と対戦する佐々木大蔵のインタビューを公開!
>>詳細

――試合に向けての仕上がりはいかがですか?(※インタビューは公開練習後の囲み取材のもの)

「4日で追い込みが終わるので疲れはピークですが、仕上がりは今までで一番です。応援してくれる人たちがいるからこそ追い込むことが出来たし、あとは力を蓄えて試合に備えます」

――試合に向けて手応えを感じていますか?

「やはり秀さん(山崎秀晃)と一緒に練習してきたことが強みになっていますね。秀さんとスパーリングする日は前日の夜から緊張して、当日の朝が一番恐ろしい(苦笑)。心境としては試合前日・当日の心境と変わらないです。でもそういうスパーを乗り越えてきたことが試合にも出ていると思います」

――攻撃力やスピードが上がっていると感じていますか?

「感じます。このトーナメントでは何が何でもベルトを獲るという気持ちをずっと持っていて、決勝が近づいてきてより強い想いが芽生えています」

――公開練習でも気迫のこもったパンチを披露していました。

「試合は毎回そうなんですけど、今回はタイトルマッチということもあって、たくさんの応援があって今までで一番追い込めました。あとは試合に僕の集大成すべてをぶつけるだけです」

――改めて佐々木選手にとってKrushのベルトはどんなものですか?

「僕はもともとベルトやチャンピオンが目標ではなく、いじめられていて、強くなりたいという想いからドラゴンで格闘技を始めました。それからドラゴンの先輩たちが活躍してチャンピオンになっていく姿を見て、自分もああなりたいと思って、ずっと追いかけてきました。だから今は遂に自分がチャンピオンになる時が来たという想いです。今回、引退した先輩たちにも『タイトルマッチがあるので、強くなった僕を見てもらいたいです』と言って声をかけさせてもらっています。昔の僕を知っている人たちにも自分がチャンピオンになる姿を見せたいと思っています」

――対戦相手の平本選手にはどんな印象を持っていますか?

「勢いはあると思います。(佐々木が指導する)K-1ジム総本部で一緒になることもあるし、色々な思い出はあるけど、試合になったら別。情け容赦なく潰しに行くだけですね」

――平本選手は「王座決定戦だけどチャンピオンとしての試合を見せる」と自信たっぷりに語っています。それについてはいかがでしょう?

「そのくらい気持ちを持っている選手と決勝を争う方がやりがいがあるし、そういう相手を倒してこそ真のチャンピオンだと思います」

――では佐々木選手はどんな想いでベルトを獲りに行きますか?

「何が何でも獲りに行く。執念ですね。すべてをかけてベルトを獲りに行きます」

――それでは最後にファンのみなさんにメッセージをいただけますか?

「僕はベルトを獲る執念と気持ちを見せたいです。何が何でも獲るという気持ちを見せて、応援してくれる人たちとベルトを獲る喜びを分かち合いたい。応援してくれるみなさんは僕と一緒になって戦ってもらいたいです」

  • 1465417703_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます