ホーム > お知らせ > 6・12「Krush.66」武居由樹が-53kg初代王座奪取に向けて秘策を用意!?「“今、流行りの必殺技”がある。それが決まればKOできると思います」

お知らせ

6・12「Krush.66」武居由樹が-53kg初代王座奪取に向けて秘策を用意!?「“今、流行りの必殺技”がある。それが決まればKOできると思います」

1464768492_0sp.jpg

[2016/06/01]

 6月1日(水)東京・竹ノ塚のPOWER OF DREAMにて、6月12日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.66」の[-53kg初代王座決定トーナメント決勝戦/3分3R延長1R]で上羽優希と対戦する武居由樹が公開練習を行った。

>>詳細

 4・10「Krush.65」での-53kg初代王座決定トーナメント準決勝では隆聖を右アッパー一発でマットに沈め、決勝進出を決めた武居。この日の公開練習では2分1Rずつシャドーボクシングとミット打ちを披露し、ミット打ちでは蹴り技中心のコンビネーションを見せた。


 公開練習後の質疑応答で武居は「体調はばっちりです。いつもより練習量も増やして、しっかりトレーニングも積み重ねてきたので、今までよりも仕上がっています」と絶好調宣言。

 ミット打ちでは蹴り技を数多く披露していたのだが「前回はパンチで倒せたので今回もパンチで倒したい。だけど公開練習ではパンチを秘密にしておきました」とニヤリ。さらに武居の口からは「上羽選手は動きも早くて強い選手ですが、今回は“今、流行りの必殺技”で倒そうと思います」と意味深発言も。

 必殺技の内容は完全シークレットだったが「この技が当たったら明確にいけるという技があるんです。当たれば倒せるというイメージも出来ているので、KO勝ちできると思いますね」と不敵に語った。


 Krushで武居はオープニングファイトから着実にキャリアを重ね、いよいよタイトルまであと一つのところまで上り詰めた。

「どんどん試合順があとの方になって、ポスターにも大きく扱ってもらってびっくりしています」と選手としてのポジションの変化に動揺する部分もあるが「もう緊張もしなくなったし、ちょっとずつ慣れてきました」と頼もしい言葉が続く。

 さらにキャリア初となるKrush王座挑戦を前に「このベルトを獲って自分の人生を変えて、かっこよくなろうと思います。Krushのベルトを獲ってもっと有名になりたいし、自分の名前を色んな人たちに知ってもらいたいです」とチャンピオンとしての青写真も描いている。

 今大会はすでに前売りチケットがソールドアウトし、超満員の観客の前でベルトを争うことになる。「大勢の人の前で試合ができることに感謝したいし、しっかり面白い試合をしたい」という武居は「階級に関係なく-53kgは倒せる階級だと思ってもらえればと思います。他にも面白い試合はたくさんあると思いますが、僕が一番面白い試合をするので、注目よろしくお願いします」と堂々と言ってのけた。

 果たして武居が用意している“今流行りの必殺技”とはどんな技なのか? 当日は武居の一挙手一投足から目を離すな!

  • 1464768492_0sp.jpg
  • 1464768492_2sp.jpg
  • 1464768492_3sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます