ホーム > お知らせ > 7・18「Krush.67」挑戦者・山崎陽一、長期政権予告の王者ピケオーからベルトを奪う!「ピケオーには舐められている。持っている力をすべて使ってベルトを獲りに行く」

お知らせ

7・18「Krush.67」挑戦者・山崎陽一、長期政権予告の王者ピケオーからベルトを奪う!「ピケオーには舐められている。持っている力をすべて使ってベルトを獲りに行く」

1462882464_0sp.jpg

[2016/05/10]

 5月10日(火)東京・大久保にあるGSPメディアセンターにて、7月18日(月・祝)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.67」の第1弾対戦カードが発表された。
>>詳細

 4・10「Krush.65」で中島弘貴を下し、第4代-70kg王者となったジョーダン・ピケオーの初防衛戦が早くも実現。挑戦者に選ばれたのはK-1ジム・シルバーウルフの山崎陽一だ。

 会見で宮田充Krushプロデューサーは「ピケオーという強い選手がチャンピオンになり、スタンバイできるファイターで一番倒す力があるのが山崎選手でした。“いい試合をする”や“判定勝ちをする”ではなく、しっかりピケオーと勝負して倒す可能性があるのは山崎選手だと思い、挑戦者に選びました」と山崎に白羽の矢を立てた理由を説明した。

 昨年4月の第3代王座決定トーナメント決勝以来、2度目のタイトルマッチとなる山崎は「去年の4月に中島選手に負けてからずっとKrushのベルトを獲りたいと思っていたので、このチャンスが来てうれしいです」と挨拶。

「比べるのはおこがましいのですが魔裟斗さんも2度目のチャレンジでK-1の世界王者になったし、同門の左右田(泰臣)も2回目の挑戦でベルトを獲っています。自分も今回は何がなんでも獲ってやろうと思います」と2度目のチャンスにかける想いを語った。

 山崎は昨年7月にK-1 WORLD GP-70kg初代王座決定トーナメント1回戦でマラット・グレゴリアンと対戦。グレゴリアンの圧倒的な攻撃力の前にKO負けを喫し、世界の壁を痛感させられる結果に終わった。

 しかし「グレゴリアンとやってからはあれが基準になった。技術もフィジカルもすべてレベルアップしないと世界では戦えないと思って、ずっと練習を続けてきた」とグレゴリアン戦が自分を鍛え直すきっかけとなったといい「一気に全部が変わった感覚はないですけど、地道に着実に続けてきて、その手応えは感じています」と少しずつ成長を感じている。

 主催者を通じてピケオーは「挑戦者の山崎のパンチや蹴りはハードかもしれないが、Mike’s Gymでスパーリングしている相手と比べたら何も感じない。最後は山崎をKOしてやる。向こう5年は俺がチャンピオンに君臨する」と余裕たっぷりのコメント。

 山崎は「手足が長くてバネがある。豪快なところと繊細なところを持っていて、すごく強い相手だと思う」とピケオーの強さを認める一方、「簡単な相手じゃないけど、そうはさせないぞって気持ちもある。ピケオーのコメントは本音でもあり、舐めている感じもあるので、絶対に試合で倒そうと思います」と打倒ピケオーに闘志を燃やした。

「自分とピケオーだったら噛み合って盛り上がる試合になると思います。勝つことはもちろん、見ている人が感動するような試合をして、持っている力をすべて使ってベルトを獲りに行きます」。総力戦でベルトを奪うと誓う山崎。佐藤嘉洋、渡部太基、中島弘貴を撃破し、今や日本人キラーとなりつつあるピケオーから勝利とベルトをもぎ取ることが出来るか?

  • 1462882464_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます