ホーム > お知らせ > 第4代-70kg王者ジョーダン・ピケオーが長期政権樹立を宣言!「これからもずっとKrushのチャンピオンで居続けたい」

お知らせ

第4代-70kg王者ジョーダン・ピケオーが長期政権樹立を宣言!「これからもずっとKrushのチャンピオンで居続けたい」

1460365953_0sp.jpg

[2016/04/11]

 4月11日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、4月10日(日)東京・後楽園ホール「Krush.65」で第4代Krush-70kg王座に就いたジョーダン・ピケオーが試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 ベルトと共に会見に出席したピケオーは「とてもうれしく思うよ。オランダ以外の国でチャンピオンになることが夢だったから、Krushでチャンピオンになれてうれしく思うし、この座をずっと維持したいと思う」と挨拶。改めて昨夜のタイトルマッチを振り返り、中島の健闘を称えた。

「昨日は中島が前に出てきたので、いい試合になったと思う。ただそこでこっちが良くも悪くもボディにパンチを喰らわせてやろうと思って距離を詰め過ぎてしまった。もっと様子を見て距離を取るべきだったし、パンチをガードされたのことが反省点だね。

 中島はいい選手だったと思う。1Rに中島の良いパンチをもらってそこで目が覚めた。それまでは中島のペースだったかもしれないけど、あのパンチをきっかけに自分のペースに持って行こうと思ったんだ。だから中島の一発は本当に予想していなかった一発だったよ」

 試合後、ホテルに戻ってからは「一カ月以上、我慢していたから、ものすごく食べたかった(笑)」というマクドナルドを食べて、部屋にこもってSNSでのコメントに返信を続けていたという。

 ベルトをどう扱っていたかという質問を受けたピケオーは「部屋のどこにいてもベルトが目に入るように、テレビの横に置いておいた。マイク会長からは『ベルトを枕に巻きつけて寝ればいい夢が見れるかもしれないぞ』と言われて、本当にそうしていたらいい夢が見れたかもね」。

 公開練習で「チームメイトたちにチャンピオンになると約束した」と話していたピケオーはすぐにチームメイトたちに勝利を報告。「マサロ含めてみんなにうれしさを伝えた。みんな喜んでくれているよ」と笑顔で語った。

 Krush王者としての今後についてピケオーは「俺はいつまでもKrushのチャンピオンでいたいから、Krushが用意してくれた相手だったら誰とでも戦うよ。日本は好きな国でいい印象を受けているから、すぐにでも日本に戻ってきて試合がしたいよ」と日本再登場を熱望。

 宮田充Krushプロデューサーは「初防衛戦の相手としてパッと『この選手だ!』という選手はいない」とした上で「これからKrush、K-1で戦う選手を視野に入れて、これだという選手が出てきたらぶつけたいし、選手にはどんどんアピールしてもらいたい。ただタイトルマッチは記念じゃない。絶対にピケオーをぶっ倒してやるという気概を持った選手でなければいけない。そういう選手のアピールは大歓迎です」と語っている。

 一夜明け会見でも大勢のギャラリーに囲まれ、日本での人気者っぷりを見せつけたピケオーの日本再登場を期待したい。

  • 1460365953_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます