ホーム > お知らせ > 3・20「Krush.64」佐々木大蔵、K-1-65kg日本王者・山崎秀晃とのスパーリングで進化!「南野選手はガツガツ来ると思うけど、ガツガツ行っても僕の方が上だと思います」

お知らせ

3・20「Krush.64」佐々木大蔵、K-1-65kg日本王者・山崎秀晃とのスパーリングで進化!「南野選手はガツガツ来ると思うけど、ガツガツ行っても僕の方が上だと思います」

1457695030_0sp.jpg

[2016/03/11]

 3月11日(金)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、3月20日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.64」の[第4代Krush -63kg王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R]で南野卓幸と対戦する佐々木大蔵が公開練習を行った。
>>詳細

 1回戦では過去に敗れている東本央貴にリベンジを果たして準決勝進出を決めた佐々木。しかし1回戦で唯一の判定決着かつコンタクトの少ない試合展開に終わり、佐々木曰く「底辺からのスタート」となった。

 公開練習では1分30秒のシャドーボクシングとサンドバック打ちを披露し「追い込みは明日で最後ですが、いつも通りばっちりです。あとは心身ともに研ぎ澄ませるかがカギになると思うので、これから試合まで集中したいと思います」と気持ちを切り替えて厳しい練習を積んできた。さらに佐々木は「底辺からのスタートだけど、その分、自分の進化を見せられるチャンス。前回よりもすごく進化した姿を見せられると思う」と成長に手応えを感じている。

 その手応えを裏付けするものは前Krush-63kg王者であり、4日にK-1 WORLD GP-65kg日本代表決定トーナメントで優勝を果たした山崎秀晃の存在だ。同時期に試合を控えていた山崎とスパーリングを重ねてきた佐々木は、それが自信につながっているという。

「秀さんはトーナメントでものすごい強さだったし、その秀さんとスパーリングすることが出来て自信になっています。秀さんとのスパーリングは相当怖いし、普段から秀さんのパンチをくらっていたら、-63kgにあんなにパンチの威力がある選手はいない。秀さんのパンチは-65kgではトップで、-70kgでも通用する破壊力があると思います。周りからそういう選手と練習できている自分がうらやましいと思われるだろうし、自分自身、練習させてもらったことを裏切りたくないです。今回、秀さんがトーナメントで優勝したことで、Krush-63kgのベルトの価値がさらに上がって、ハードルも上がったと思います。でもあとはそれをクリアしていけばいいと思っています」

 佐々木はK-1ジム総本部でインストラクターを務めており、準決勝で対戦する南野とは「顔を合わせることは何度かあったし、話すこともあった」とのこと。しかし「同じ-63kgでやっている以上、いつかやる相手だと思っていたし、それが今になったという感じ。試合に臨む気持ちは変わらない」と特別な感情はなし。南野を指導するK-1ジム総本部・梶原龍児トレーナーともチームドラゴンの先輩・後輩という間柄だが「南野選手は龍児さんのもとで指導を受けていて、相当対策も練ってくると思います。でも僕は龍児さんに見せていない自分を見せて、驚かせてやろうと思います」と言い放つ。

 また時間をずらす形で公開練習を行った南野が「佐々木選手は何でも出来るけど、何でもできるだけで怖さがない」と発言していたこを伝え聞いた佐々木は「まぁ、南野選手だけじゃなくてみんな僕のことをそう思っているのかなと思うけど、実際に戦った時に違ったなって思わせたい。一発一発の攻撃をくらうと重かったなって思わせたいですね。向こうはガツガツ来ると思うけど、僕がガツガツ行っても僕の方が上だと思います。気持ちでぶつかってくる相手なんで、それがぶつかりあえばKrushらしい試合が出来ると思うし、そこで勝ちに徹して決勝に進みたい。絶対に負けないです」と対抗心をのぞかせた。

 会場にかけつける道場の子供たちに対して「みんな先生にベルトを獲ってもらいたいと思っていると思うんで、僕がベルトを獲って写真を撮ったり喜びを分かち合いたい」と佐々木。チームドラゴンの先輩たちが巻いてきた伝統のベルトを巻くことが出来るか?

  • 1457695030_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます