ホーム > お知らせ > 3・20「Krush.64」絶好調・南野卓幸が佐々木大蔵を一刀両断!「何でも出来るけど怖さがない。油断はないけど、しっかり仕留めに行きます」

お知らせ

3・20「Krush.64」絶好調・南野卓幸が佐々木大蔵を一刀両断!「何でも出来るけど怖さがない。油断はないけど、しっかり仕留めに行きます」

1457691546_0sp.jpg

[2016/03/11]

 3月11日(金)東京・大久保のK-1ジム総本部にて、3月20日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.64」の[第4代Krush -63kg王座決定トーナメント・準決勝/3分3R・延長1R]で佐々木大蔵と対戦する南野卓幸が公開練習を行った。
>>詳細

 1回戦では眞暢とダウンの応酬の末に、見事に逆転KO勝利を収めた南野。公開練習では1分30秒のシャドーボクシングとミット打ちを披露し、囲み取材では準決勝を前に心身ともに絶好調をアピールした。

「前回は生き残りたい気持ちがすごかったけど、そこで勝ってタイトルが目の前にあることを実感して気合いが入っています。周りにもサポートしてもらって練習に集中できる環境になって、すげえ練習しています。試合まであと一週間、追い込みは明日で終わりなんですけど、すげえいい感じに追い込めてます。

 周りからも伸びたと言われるし、スパーをやっていてもそう言われます。前回よりも進化した僕を見せたいと思うので、そこも含めて楽しみです。みなさん楽しみにしてください…というより僕自身が楽しみなんで、最高のパフォーマンスでリングに上がりたいと思います」

 対戦相手の佐々木とのキャリアの差は倍以上(※佐々木=28戦、南野=11戦)違う南野だが「なんでも出来るタイプだと思うけど、何でも出来るだけで怖さがない。前回の眞暢選手の方がパワーもあって、倒される怖さがあった」と佐々木を一刀両断。

「相手は打ち合ってこないと思うけど、最終的には倒して勝つところまで持っていく。こっちのパンチに蹴りに合わせてくると思うんで、そこにこっちがポンポンとパンチを合わせて倒してやろうと思います。油断はないけど、しっかり仕留めに行きます」と不敵に語っている。

 トーナメントの逆ブロックには同門の平本蓮が勝ち上がっており「僕はどっちが上がってきてもいいけど、ストーリー的には蓮とやった方がいいと思うし、決勝で同門対決が理想かなと思う」と話す南野。その一方で「そこを意識してポカしたら意味がない。今は佐々木選手を全力で倒すことしか考えていない。1回戦よりもベルトに近づいている実感はあるけど、ここで勝てば『あと一つ!』と思える。今はまだワンマッチのつもりで全力で潰します」と準決勝の佐々木戦に照準を定めている。

 最後にファンへのメッセージを求めると、南野は「佐々木選手は小さい子供や女性からも人気があるけど、僕のことも応援してください! 会場を盛り上げて倒して勝つんで楽しみにして下さい!」と余裕の笑顔。1回戦に続くKO勝利で、決勝戦に弾みをつけることが出来るか?

  • 1457691546_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます