ホーム > お知らせ > KANA、第2代女子王座決定戦を直談判!「ベルトを巻く人間として24時間キックボクサーとして一流を目指している。その覚悟でベルトを巻きたい」

お知らせ

KANA、第2代女子王座決定戦を直談判!「ベルトを巻く人間として24時間キックボクサーとして一流を目指している。その覚悟でベルトを巻きたい」

1454740239_0sp.jpg

[2016/02/06]

 2月6日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、2月5日(金)東京・後楽園ホール「Krush.63」の[Krush女子 -50kg契約]でジョン・へジンに勝利したKANAが試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 デビュー3戦目で初の国際戦に挑んだKANA。試合は1Rに右フック・右ストレートでダウンを奪い、へジンの顔面を”破壊”して戦闘不能に追い込んだ。これでプロ戦績を3戦3勝3KOとしたKANAだが「ヘジン選手が前日会見でテコンドー出身と言っていたので、距離が遠いと思っていたんですけど、思ったより中間距離だったので攻撃が当たりました。パンチは特に狙っていたわけではないですが、出したら当たった、という感じです。倒して勝つことが出来たのでいいスタートが切れたかなと思います。でも圧倒的な強さでぶっ倒せなかったので、試合内容としては55点くらいです」と自己評価は厳しい。

 しかし「試合が終わってからヘジン選手は骨折しているかもしれないと言っていたので攻撃力は上がっていると思います。すべてを出せたわけじゃないけどスピードやキレも上がっているので、自分でも成長しているのかなと感じています」と成長の跡を感じることが出来た。

 そんなKANAの次なる目標はずばりKrush女子王座のベルトだ。会見では「今年はベルトを巻くと決めているんで、朱里選手がいなくなって対戦できないのは残念ですけど、誰が相手でもいいんで早く王座決定戦をやらせてほしいです」と早期の王座決定戦をアピール。「私はたくさんの応援のおかげで勝てています。みなさんの笑顔を見るために頑張りたいのかなと思います。私はベルトを巻く人間として、24時間キックボクサーとして一流を目指しています。そのくらいの覚悟でベルトを巻きたいです」と来たるべき王座戦へ向けて覚悟を語った。

 会見に同席した宮田充Krushプロデューサーも「KANA選手はファイターとしてそれだけの試合を見せてくれていると思うし、プロモーターとしてKrushとしてはファンのみなさんが熱くなってもらえる舞台を作ること。どういう形が選手・ファンのみなさんにとっていいのかを考えたい。(タイトルマッチをやる)資格は十分にあるので、あとは相手と舞台を用意したいです」と早い段階で第2代女子王座を決める意向。新時代に突入したKrush女子の今後の展開に注目が集まる。

  • 1454740239_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます