ホーム > お知らせ > 皇治、一夜明け会見でも言いたい放題!卜部弘嵩・功也を”お兄ちゃん”と”ジュニア”扱い「ジュニアは元気がないから好きじゃない。元気があるお兄ちゃんと戦ったら面白い」

お知らせ

皇治、一夜明け会見でも言いたい放題!卜部弘嵩・功也を”お兄ちゃん”と”ジュニア”扱い「ジュニアは元気がないから好きじゃない。元気があるお兄ちゃんと戦ったら面白い」

1454738587_0sp.jpg

[2016/02/06]

 2月6日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、2月5日(金)東京・後楽園ホール「Krush.63」の[Krush -60kg Fight]で剣闘士”俊”に勝利した皇治が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 前日会見では歯に衣着せぬ発言を繰り返し、試合でも左ハイキック一発で剣闘士をマットに沈めてビッグインパクトを残した皇治。宮田充Krushプロデューサーも「立ち技格闘技の華はハイキック。見事なKO勝利でした」と皇治のハイキックKOに賛辞を送った。昨日の試合の反響は大きく、皇治曰く「最近ツイッター(@1_kouzi)を始めて、昨日は自分の名前を検索してツイートを見てました。Krushは華やかな舞台で、試合の反響も大きくてすごいなと思いました」。そして一夜明け会見でも皇治は“言い放題”ぶりを存分に発揮した。

 開口一番「これからは僕の時代です…なんちゃって(笑)。昨日の試合はまあまあ。なんていうんですかね、言った通りにできて良かったなってくらいですね。興味なかったんで」と余裕たっぷりに語ると「自分は剣闘士選手がリングに上がるまでの過程だったり、試合までの減量や練習に関してはリスペクトしています。でも自分とはレベルが違うんでああなって当然。『これからは僕の時代です…なんちゃって』と言ったのは勝って当たり前だから。自分が負けるレベルじゃないし、あの結果は普通かなと思います」とKO決着は当然だったと豪語。これでハイキックでのKOは2試合連続となり「何でも倒せると思ったんですけど、1Rで倒すのはかわいそうなんで、2Rくらいに倒そうかな、と。それでガードした方がいいよて感じで蹴った左ハイキックで倒れました。会見で卜部(功也)君が『左ハイキックをもっと蹴った方がよかった』と言っていたんで、俺が教えたろうかなと思います」と上から目線で言葉を続けた。

 さらに出場をアピールしていた4月のK-1-60kg日本代表決定トーナメントについては「決定じゃないんですか? 決定だと思っています(笑)」と勝手に出場宣言し「卜部っちのジュニア(功也)は礼儀が正しくてストイックやなと思いました。でも自分は元気がない子は好きじゃないんで、元気があるお兄ちゃんとやりたいですね。お兄ちゃんと自分は同い年で、試合したら面白いと思います。なんで日本トーナメントはちゃっちゃっと全員倒します」と卜部兄弟にも挑発的なメッセージを残した。

 試合翌日にもしっかり存在感を見せつけた皇治は「僕のことを嫌いな奴はそれでいいんで、僕は応援してくれる人たちを裏切らないように、応援してくれた人たちや支えてくれた人のためにもっと上に行きます。トーナメントで優勝すればもっと偉そうなこと言えるようになるんでよろしくお願いします」とファンにメッセージ。この男の登場で-60kg戦線は俄然面白くなりそうだ。

  • 1454738587_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます