ホーム > お知らせ > 卜部功也、目指すは完全無欠のパーフェクト!「誰が相手でも完封できる自信はある。一人で突っ走って全力で駆け抜けていきたい」

お知らせ

卜部功也、目指すは完全無欠のパーフェクト!「誰が相手でも完封できる自信はある。一人で突っ走って全力で駆け抜けていきたい」

1454734373_0sp.jpg

[2016/02/06]

 2月6日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、2月5日(金)東京・後楽園ホール「Krush.63」の[スーパーファイト Krush -60kg Fight]でサイボーグ・ワラスに勝利した初代K-1 WORLD GP-60kg王者・卜部功也が試合を振り返ると共に、今後の目標を語った。
>>詳細

 約1年4カ月ぶりのKrush参戦でワラス相手に完勝と言える勝利を収めた功也。昨年11月にK-1-60kgのタイトルを失って以来の再起戦を勝利で飾ったものの「もう勝つのは当たり前。そういう(勝ち負けだけの)ところで試合をしてないので、思い描いた試合はできなかった」と悔しさをにじませた。

「久々のKrushのリングはすごく気持ち良かったですが、思い描いた試合はできなかったです。(思い描いていた試合は?)気持ち良くKOしたかったのですが、仕留めきれなかったです。下がる相手を仕留められるかどうかは僕の技術の問題。もっともっと強くならないといけないと思いました。

(どこが足りなかった?)相手の身長が低かったので、冷静に考えたらアッパーも使ったり、左ハイも蹴ればよかったかなと思います。もうちょいやることが出来たかなと思います。試合映像を見て、一発がある選手だったので警戒はしていたけど、倒せなかったのは僕の実力不足です」

 何度も試合の反省点を口にした功也だが、それは「無駄と隙をなくしてパーフェクトに戦うことを目指していた」からこそ。「僕は誰が相手でも完封できる自信がある。だからあとは勝ち方。今年は自分自身が敵だと思っているんで、自分に勝つ。どんどん自分を超えていかないといけないと思います」と完全無欠のファイターになることを目標に掲げた。

 昨日の大会では-60kg転向2戦目の大雅が平塚大士をKO。久々のKrush参戦となった皇治も左ハイキック一発で剣闘士”俊”をマットに沈めるなど大きなインパクトを残した。しかし功也自身は「盛り上がった試合があったと聞きましたが、Krushは基本的に盛り上がる試合が多いんで、その中の一試合としか思っていない」とキッパリ。-60kgのライバルたちについては「同じドラゴンの大士をやっつけた大雅選手。あと皇治選手も僕のことを色々と言ってくれるんで気にしてますね。昨日は試合を見れなかったので、これからしっかり試合映像を見たいと思います」とだけ語っている。

 功也の次戦は4月にK-1で行われる-60kg日本代表決定トーナメントが濃厚。「僕はトーナメントに出るつもりでいます。今年は一人で突っ走って全力で駆け抜けていきたいと思うので、応援よろしくお願いします」と日本トーナメントからの“独走”をファンに誓った。

  • 1454734373_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます