ホーム > お知らせ > 2・5「Krush.63」明戸仁志、自慢の攻撃力で殴り勝つ!「実績が上の島野選手に勝てば一気に飛躍できる。ここで負けたら今までと何も変わらない」

お知らせ

2・5「Krush.63」明戸仁志、自慢の攻撃力で殴り勝つ!「実績が上の島野選手に勝てば一気に飛躍できる。ここで負けたら今までと何も変わらない」

1454228319_0sp.jpg

[2016/01/31]

 2月5日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.63」の[Krush -60kg Fight]で島野浩太朗と対戦する明戸仁志のインタビューを公開!
>>詳細

――試合まで残り一週間ですが、体調やコンディションはいかがですか?

「追い込みも終わったので、あとは疲れを抜いて体重を落とすだけです」


――同じ大会でタイトルマッチに臨む同門の小澤海斗選手は「階級に関係なくスパーリングをやってきた」と言っていましたが、明戸選手も同じですか?

「はい。色んな選手たちとバンバン練習してきました」

――対戦相手の島野選手にはどんな印象を持っていますか?

「島野選手は-60kgで一番スタミナがあるんじゃないかというくらいスタミナがあって、パンチが強いイメージですね」

――いつか対戦したい、対戦するかもしれないという気持ちはありましたか?

「(卜部)弘嵩選手とやったタイトルマッチは印象に残っていますし、戦いたいとか戦うんじゃないかという気持ちはずっと持っていました」

――今回の試合に向けてどんなことを意識して練習してきましたか?

「相手の映像を見て、相手の弱点を突く練習をしてきました」

――島野選手対策は万全ですか?

「万全です。ダメージをしっかり与えて最終的に倒す。そういう練習を繰り返してきたし、僕の中で倒すイメージはばっちり出来ています」

――お互いにハードパンチャー同士の対戦ということで、この試合が楽しみだという声も多いです。

「相手もガンガン出て来てくれる選手なんで噛み合うと思いますね。お互い倒しに行く選手同士なんで必ずKOになると思います」

――以前、明戸選手は「自分は今年30歳。チンタラしていられないので強い選手を倒してチャンピオンになる」と発言していましたが、今年の目標はタイトル獲得ですか?

「今年はもうベルトですね。このまま勝ち続けていけばベルトを狙えると思っているんで。Krush-60kgのベルトを獲りたいし、K-1でも戦いたいと思います」

――そういう意味でもタイトルマッチ経験者でK-1に出場経験もある島野選手は格好の相手です。そしてここで勝つか負けるか、非常に大きな一戦だと思います。

「絶対に落とせないし、負けちゃいけない試合だと思います。ここで負けたら今までと何も変わらないし、逆にここで勝てば一気に飛躍できると思います。実績に関して言えば島野選手の方が全然上なんで」

――また今大会では-60kgの試合が4つ並んでいます。明戸選手は自分の試合でどんなものを見せたいですか?

「この4試合の中で最も激しいファイトスタイルと攻撃力がある選手同士の対戦が僕と島野選手の試合で、僕の攻撃力やパンチの威力は一番だと思っています。だから絶対KOで終わると思うし、僕の攻撃力を見て欲しいです。-60kgは選手層が厚い階級ですが、僕を見て『こんなハードパンチャーがいたんだ!』と思ってもらいたいです」

  • 1454228319_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます