ホーム > お知らせ > 1・17「Krush.62」平本「自分のためにベルトを巻く」VS原田「引き立て役にはならない」泰斗×早坂の名古屋対決も火花を散らす

お知らせ

1・17「Krush.62」平本「自分のためにベルトを巻く」VS原田「引き立て役にはならない」泰斗×早坂の名古屋対決も火花を散らす

1452932026_0sp.jpg

[2016/01/16]

 1月16日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.62」の前日計量・記者会見が行われた。
>>詳細

 第4代-63kg王座決定トーナメント(第8試合・第9試合)に出場する選手はそれぞれ原田ヨシキ=62.9kg、平本蓮=62.8kg、泰斗=63.0kg、早坂太郎=62.9kgで前日計量を終え、計量後の会見で意気込みを語った。

 今回がKrush初参戦、師匠・梶原龍児が巻いたKrush-63kgのベルトを目指す平本は「気取った言葉もかっこつけることもなく、チャンピオンになるという気持ちしかない。チャンプを継ぐ男として、どんな勝ち方でもいいんでトーナメントで優勝します」と気迫十分の表情で勝利宣言。

「今まで試合をしてきて、ここ何試合かは周りのために戦うことも多かったですが、今回は自分のために優勝したい。もちろん周りの人たちも大事だけど、自分のためにベルトが欲しいです。チャンプを継ぐ男として、僕が優勝すればみんな喜んでくれると思うし、絶対に優勝したい」と王座獲りへの覚悟を語った。

 対戦相手の原田は緊張感を漂わせる平本とは対照的。「今日は平本選手に大人の厳しさを教えてやろうと思います…と言おうと思ったけど、計量で遅刻しちゃってすいませんでした!」と遅刻を謝罪すると「明日はとにかく高校生に負けたくない。周りから『高校生に負けんな』ってプレッシャーをかけられてるんで、意地でも勝ちたい」と続ける。

 最後も「明日は8人全員が主役だって気持ちで、全員が主役のトーナメントになればいいと思います。明日は自分の試合がセミファイナルに組まれているんですけど、平本選手のいい引き立て役にならないように気をつけます」と締め、平本とは対照的なまま会見を終えた。

 そして1回戦で”名古屋対決”に臨む泰斗と早坂。2年ぶりに-63kgでの試合となった泰斗は「-65kgに階級を上げた時にパワーつけようと思ってトレーニングしていました。減量はキツかったけど、パワーアップした身体で-63kgまで落としたので、以前の-63kgの時に比べるとパワーがついていると思います」とパワーアップに手応えを感じ「去年とは違う泰斗を見せたいと思うので、楽しみにしてほしい」と自信あり。「早坂選手とは戦ってきた土俵も違うと思うんで、全力で潰しに行くだけ」と言い放った。

 対する早坂は「愛を知る県、愛知県の早坂太郎です」と名古屋JKファクトリーの先輩・佐藤嘉洋の言葉を借りて挨拶し、「今めちゃめちゃ調子がいいので、明日それを爆発させて倒して勝ちます」と絶好調&KO宣言。「周りから決勝で名古屋対決を見たかったとう声もいただきましたが、新旧名古屋対決の新(早坂)が勝とうかなと思います」と泰斗超えを宣言した。

  • 1452932026_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます