ホーム > お知らせ > 闘士、衝撃の1RKOは「当たり前の結果」&次戦は春を予告? 武居由樹・亀本勇翔の台頭で新設-53kgは混沌

お知らせ

闘士、衝撃の1RKOは「当たり前の結果」&次戦は春を予告? 武居由樹・亀本勇翔の台頭で新設-53kgは混沌

1449307955_0sp.jpg

[2015/12/05]

 12月5日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、12月4日(金)東京・後楽園ホール「Krush.61」の一夜明け会見が行われた。 >>詳細

 第7試合で山本真弘から衝撃の一撃KO勝利を収めた闘士。本来なら一夜明け会見にも出席するはずなのだが、この日は「息子の発表会に出席するため」という”戦うビッグダディ”らしい理由で欠席し、主催者を通じてコメントが発表された。コメント上で闘士は「当たり前」のKO勝利と言い放ち、次戦は2016年春になることを予告している。

闘士
「今日は息子の発表会があり、ビッグダディとして欠席させていただきます。すみません(笑)。

昨日は宣言通り、ファイナルKrushは俺が持っていったと思います! そして宣言通り壊しました!

みんな意外な感じで言っていますけど、俺…本当に自信あったし、俺の方が強いのは当たり前だと思って挑んだ、当たり前の結果だと思っています。

伸び盛りの30代は怖いんだぞってとこを見せられたことが嬉しいです。次は来年の春あたり! 皆さん、ご期待ください!」

 また会見に出席した宮田充Krushプロデューサーは新階級-53kgの2試合についても言及。勝利した武居由樹と亀本勇翔の勝利を評価し、2人に新たなチャンスを与えたいと話すと同時に-53kgのタイトル戦線が混迷になってきたと話している。

宮田充Krushプロデューサー
「亀本選手は試合一週間前のスタンバイで瀧谷渉太選手に勝って、次の試合が大事だと思います。ダウンを取るもしくはKOする試合が必要だと思うし、すぐ次の舞台は与えたいです。

 あとはオープニングファイトで勝った武居選手も非常に良かったですね。次はしっかり本戦で試合を組んであげたいし、武居・亀本がよかったです。また急遽対戦カードが変更になって敗れた瀧谷選手もここから巻き返すと思いますし、-53kgは混沌としてきましたね」

  • 1449307955_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます