ホーム > お知らせ > 神戸翔太、100%の自信を持って-58kg王座を獲りに行く!「-58kgが始まった当初から試合をしてきて、悔しい想いもしてきた。次がベルトを獲るべき時だと思う」

お知らせ

神戸翔太、100%の自信を持って-58kg王座を獲りに行く!「-58kgが始まった当初から試合をしてきて、悔しい想いもしてきた。次がベルトを獲るべき時だと思う」

1449293503_0sp.jpg

[2015/12/05]

 12月5日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、12月4日(金)東京・後楽園ホール「Krush.61」で[Krush -58kg王座決定戦・出場者決定戦]に勝利した神戸翔太が試合を振り返ると共に、来年2月の第2代-58kg王座決定戦への抱負を語った。 >>詳細

 神戸はセミファイナルで第2代Krush-58kg王座決定戦への出場権をかけて大滝裕太と対戦。これまで2度戦って勝利している大滝との対戦だったが、リベンジに燃える大滝を振り切り、王座決定戦への切符を掴んだ。会見で神戸は「久しぶりの試合だったし、大滝選手とは3回目で、-58kgも久々だったんで思い通りにいかないところもあったけど、2月のタイトルマッチ向けていいウォーミングアップになったかなと思います」と挨拶。

 約1年ぶりとなった-58kgでの試合を「減量していく中で-60kgと違うんで不安な面もあったけど、昨日で解消されたかなと思います。スタミナに不安はあったけど、予想以上に動けたと思うんで大丈夫でした。-60kgでやるよりもパワーが伝わるのを試合中に感じてプラスな面もありました」と振り返り「何回も効かせた攻撃はあったんですけど(大滝は)向かってきて、いい試合が出来たかなと思います。勝ちに来る気持ちが伝わってきました」と大滝の奮闘を称えた。

 昨日の勝利で神戸は来年2月5日(金)後楽園ホール大会で、第2代-58kg王座をかけて、WILDRUSHリーグ優勝者・小澤海斗と対戦する。「最初の頃は連続KOだったけど、最後はちょっと落ちてきたと思いました」とリーグ戦での小澤の戦いぶりを分析する神戸は「舐めているわけじゃないけど、しっかり対策を練って、タイトルマッチの意識はなくして戦うつもりです。(勝算は?)100%です」とキッパリ。「-58kgが始まった当初から試合をしてきて、たくさん悔しい想いもしてきたんで、次が獲るべき時なのかなと思います」とKrush-58kg王座への想いを語る。

 さらに神戸は「来年は2月にチャンピオンになってKrush-58kgを引っ張れる選手になりたい。2月に勝つことが大前提ですけど、K-1でも-60kgの日本トーナメントが行われるということで、自分はどちら(-58kg・-60kg)でも準備できるので来年は色々な挑戦をしていきたい」とKrushでの王座獲得とK-1再出撃を誓った。

 また会見に同席した宮田充Krushプロデューサーは全9試合中4試合が-58kg Fightだった大会を総括。神戸に敗れたものの好きファイトを見せた大滝について「改めて大滝裕太という選手は良い選手だなと思いました。神戸選手を追い込んだし、大滝選手がいるから神戸選手も強くなっていると思います。来年は少し違う角度のチャンスを上げたい」とコメント。また鈴木雄三×渡辺武にも触れ「-58kgに鈴木選手復帰してきて、渡辺選手も勝てはしなかったけど先制のダウンをとって、試合後に本人もまだ頑張ると話していました。この試合もいい試合だったかなと思います」と語っている。

  • 1449293503_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます