ホーム > お知らせ > 12・4「Krush.61」瀧谷、-53kg王座までダイナミックに突っ走る! 番狂わせに燃える亀本「言いたいことは十分言ったんで絶対に勝つ」

お知らせ

12・4「Krush.61」瀧谷、-53kg王座までダイナミックに突っ走る! 番狂わせに燃える亀本「言いたいことは十分言ったんで絶対に勝つ」

1449135660_0sp

[2015/12/03]

 12月3日(木)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.61」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 当初、Krush-53kg Fightで出貝泰佑との対戦を予定していた瀧谷渉太だが、出貝が交通事故に遭ってしまい、試合直前に対戦相手が変更。チームドラゴンンの亀本勇翔と-54kg契約で対戦することになった。

 会見で瀧谷は「一週間前に相手が変わって54kg契約になりましたが、いつも通り計量は楽勝でクリアしました。亀本選手のことはアマチュアの新空手でやっている頃から見ていて、いつか上がってくると思っていました。こうしてプロのリングで対戦できることを嬉しく思います。僕も新空手出身なので、新空手魂で僕が上回っているところを見せます」と挨拶。

 大会直前での対戦相手変更になったが「出貝選手とはやってみたかったので残念でしたが、試合があることは変わらないので、気持ちは切らさずにやって来ました。自分らしい動きが出せると思います」と準備を続けてきた。

 新設された-53kgの初代王座を目指す瀧谷としては、ここで足踏みは許されない。「-53kgのベルトを見据えての試合になると思うけど、今は目の前の試合に集中しています」という瀧谷は「亀本選手は僕よりも大きい選手ですが、自分が小さいことを言い訳にせず、自分らしくダイナミックな試合をしたい。せっかく-53kgという階級を作ってもらったので、勝って自分がその道を突き進んでいきたい」と自分らしく王座への道を突っ走るつもりだ。

 一方、試合直前ながら瀧谷戦のビッグチャンスが舞い込んできた亀本は「10月の試合で負けたあと(10・4「Krush.59」で武居由樹に判定負け)、すぐに練習を再開して追い込んできたので、このくらいがちょうどいいタイミング。体調や仕上がりは問題は全くないです」。

 さらに「僕は10月の試合に負けて、たった2ヶ月で生まれ変われるとは思っていません。でも100%の力を出せばチャンピオンになれると思っているので、100%を出せる練習をしてきました。だから前回より明らかに強くなっています。口で言ってもしょうがないんで明日を見ていてください」と強い口調で語り「瀧谷選手とやることはゴールじゃないし、通過点だけど、ものすごく大きな山だということも自覚している。僕も自分もらしい動きをすれば熱い試合で勝てると思うので、それを貫き通すだけ。もう言いたいことは十分言ったんで絶対に勝つ。それだけです」と打倒・瀧谷に闘志を燃やした。

 宮田充Krushプロデューサーによれば、明日の試合結果を受けて「来年には-53kgの初代王座決定トーナメントを企画していきたい」とのこと。今後のKrush-53kg戦線を占う一戦に注目だ。

  • 1449135660_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます