ホーム > お知らせ > 12・4「Krush.61」3度目の対戦を制して-58kg王座決定戦に進むのは?神戸「舐めずにいつも通り戦う」VS大滝「過去2回とは違った展開になると確信している」

お知らせ

12・4「Krush.61」3度目の対戦を制して-58kg王座決定戦に進むのは?神戸「舐めずにいつも通り戦う」VS大滝「過去2回とは違った展開になると確信している」

1449131576_0sp1

[2015/12/03]

 12月3日(木)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.61」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 セミファイナルは第2代Krush-58kg王座決定戦への出場権をかけた一戦。神戸翔太と大滝裕太による3度目の対戦だ。

 過去の対戦成績では2戦2敗と分が悪い大滝だが、開口一番「明日は神戸選手と3回目の対戦ですが、過去のことは忘れてフレッシュな気持ちでやりたい。過去2回とは違った展開になると確信しているので楽しみです」とキッパリ。

 2度目の対戦(2014年1月)から約1年。「自分が成長している感覚があるので、明日は自信を持って戦います」と自身の成長に手応えを感じ、さらに第2代王座決定戦に続く試合という部分で「ずっとKrushのベルトが欲しかったので、ベルトに向けての試合が出来ることも大きい」とモチベーションは高い。

 対する神戸は5・4「Krush.54」で山本真弘に敗れたあと「初めて試合間隔が空いて、いつもとは違う環境で刺激を受けたいと思った」とタイのシッソーンピーノンジムでの合宿を敢行。「タイで練習してきた貯金があるので(日本に戻ってきてからも)調子がいい。明日の試合でタイの修行の成果が出ればいいなと思う」と心身共にリフレッシュすることが出来たという。

 神戸にとっては2度勝っている大滝との対戦ということで「舐めずに普通にいつも通り戦います」と話す一幕があったものの「今回が初めて戦う相手だと思ってやるつもりなんで、過去に自分が勝っているという意識はないです」と油断はない。

 この試合の勝者が今大会で決まるWILDRUSHリーグ優勝者と第2代王座をかけて戦うことは発表済み。「少しは意識しているけど、自分の試合で精いっぱいなんで、目の前の試合が終わってから次のことは考える」という大滝に対し、神戸は「1年間リーグ戦を戦い抜いている選手なのでどの選手が来ても強い。成長している選手ばかりだと思うんで意識して見ています」と対照的な言葉を残す。

 そして両者はファンに向けて「明日は年内最後のKrushなので、Krushらしい最高の壊し合いをしたいと思います」(大滝)、「5月の試合はあんな負け方をしてたくさんの人を悲しませのたで、これからは結果で恩返ししたい。今年は不甲斐ない1年だったけど終わりよければすべてよしで勝って1年を締めくくる」(神戸)とメッセージを送った。

 神戸が”2度あることは3度ある”で第2代王座決定戦に駒を進めるか? それとも大滝が”3度目の正直”で神戸超えを果たしてベルトに手をかけるか?

 なお第2代-58kg王座決定戦は当初、3月20日(日)後楽園ホールで行われる予定だったが、2月5日(金)後楽園ホール大会の追加に伴い、2月大会に繰り上げで行われることが発表された。

  • 1449131576_0sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます