ホーム > お知らせ > 12・4「Krush.61」大滝裕太、宿敵・神戸と三度目の対戦へ!「神様が神戸翔太を越えないとKrushのベルトは巻けないぞと言ってるんだと思います」

お知らせ

12・4「Krush.61」大滝裕太、宿敵・神戸と三度目の対戦へ!「神様が神戸翔太を越えないとKrushのベルトは巻けないぞと言ってるんだと思います」

1448781426_0sp.jpg

[2015/11/30]

 12月4日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.61」の[Krush -58kg王座決定戦・出場者決定戦/3分3R・延長1R]で神戸翔太と対戦する大滝裕太のインタビューを公開! >>詳細

――9・12「Krush.58」での田中将士戦は改心のKO勝利でしたね。

「相手の情報も全くない状況の試合だったんですけど、自分の進化した姿をみなさんに見せられたし、自分でも手応えを感じた改心の試合だったかなと思います」

――田中選手のようにKrush初参戦で大滝選手を食ってやろうとしている相手は”やりにくさ”や”プレッシャー”はなかったですか?

「もし負けたら全部持っていかれるんじゃないかという、自分の立場にプレッシャーはあったかもしれないです。でもいつも通りの自分を出せば問題ないくいけるという自信もあったので大丈夫でした」

――2・6「Krush.51」ではタイトルを獲れず、それから着実に勝ち星を積み重ねている大滝選手ですが、タイトルマッチを経験して変化したことや変わったことはありますか?

「タイトルマッチの時は『絶対にベルトがほしい』や『武尊を越えてやる』と思って戦ったのですが、いざ戦って負けて。本当に完膚なきまでにやられて、しばらくちょっと格闘技はいいかなって思った時期もありました。でも周りのサポートのおかげでまたしっかり練習出来るようになって、やるんだったら絶対にベルトは欲しいし、その上で6月の大岩(龍矢)戦、9月の田中戦としっかり勝つことが出来まいた。それは自分の中でベルトに向かっていく過程で自信になりましたね」

――前回の田中選手の前にもお聞きしましたが、武尊選手がベルト返上して、タイトルマッチのチャンスが出来たことは大きいですか?

「だいぶ大きいですね、これは。武尊選手に負けてから、次タイトルに挑戦できるのはいつになるんだろう?って思っていたので。こういう展開になって、自分らしく行くしかないなって思ってました」

――そんな中で、大滝選手にとって宿敵とも言える神戸選手との王座決定戦・出場者決定戦が決まりました。最初にこの試合が決まった時はどんな心境でしたか?

「ここで来たか、と。神戸翔太を越えないとベルトは巻けないぞと神様が言ってるのかなと思っています」

――神戸選手とは2戦2敗。今回が3度目の対戦になりますが、神戸選手のことはどういう目で見ていましたか?

「最初の対戦は僕が倒されて終わって、2回目は挑戦者決定トーナメントの決勝で『勝ち上がって来たか!』と思って戦ったら、そこでも勝てなくて。相手として嫌なヤツですよね(苦笑)」

――外から見ていて大滝選手は悔しい思いをして、それをバネに這い上がって勝ってきたっていう印象があるんですが、ご自身ではどう感じていますか?

「そうですね。本来、負けはいらないんですけど、僕は負けて強くなってきたかもしれません。僕自身、一回落ちて、そこからもう一回這い上がってきたというのはありますね」

――ベルトこそ巻いていませんが、自分が-58kgを盛り上げてきた自負やプライドはありますか?

「はい。-58kgが新設されて、僕はずっと-58kgでやってきたので、その想いは誰よりも強いです。だから前回の試合や大岩戦もそうですけど、急にポンっと出てきた選手に負けるわけにはいかないというプライドは持っているし、Krush-58kgのベルトは僕にとって人生の目標です」

――神戸選手と3度目の対戦、そして王座決定戦への出場をかけた一戦で、どんな試合を見せたいですか?

「同じ相手に3回も負けるわけにはいかないので。しっかり僕がKOして、最終的にベルトを巻きます!」

  • 1448781426_0sp.jpg
  • 1448781426_1sp.jpg
  • 1448781426_2sp.jpg
  • 1448781426_3sp.jpg
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます