ホーム > お知らせ > 11・14「Krush.60」早坂太郎「Krushで戦えることは自分にとってモチベーションになっている。このまま勝ち続けてKrushのベルトを獲るしかないと思っています」

お知らせ

11・14「Krush.60」早坂太郎「Krushで戦えることは自分にとってモチベーションになっている。このまま勝ち続けてKrushのベルトを獲るしかないと思っています」

早坂太郎

[2015/10/27]

 11月14日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.60」の[Krush -63kg Fight]で眞暢と対戦する早坂太郎のインタビューを公開! >>詳細

――8・22Krush名古屋大会では南野卓幸選手から延長戦で判定勝利をもぎとりました。あの試合を振り返っていただけますか?

「本当に厳しい試合でしたが、何とか勝つことが出来て、佐藤(嘉洋)さんや石橋(真幸)さんの引退に花を添えられて良かったです」

――同門の先輩2人が同じ大会で引退式を行うという部分でプレッシャーはなかったですか?

「むしろそのおかげで気持ちを強く持つことが出来ました。南野選手のパンチをもらって効いた場面もあったのですが、何とか踏ん張ることが出来ましたね。ああいう競り合いに勝てたことは自信にもなっています」

――そして今大会では眞暢選手と対戦が決まりました。眞暢選手にはどんな印象がありますか?

「パンチ主体で突っ込んで来るイメージですね。対戦相手も決まったので、今は眞暢選手の映像を見て対策を練っているところです。眞暢選手に合わせた練習をしているので、前回とは戦い方も少し変わって来ると思いますね」

――Krush-63kgは山崎秀晃選手がタイトルを返上し、来年に第4代王座決定トーナメントが行われる流れになっています。トーナメントに向けても重要な一戦ですが、そこは意識していますか?

「僕はすごく意識していますね。ここでタイトルに絡めるような試合を見せて、早坂をトーナメントに出したいと思われるような試合にしたいです」

――早坂選手は定期的にKrushに参戦していますが、Krushにはどんな印象を持っていますか?

「Krushで戦えることは自分にとってモチベーションになっています。いい試合をすればすぐにチャンスをいただけるし、ちゃんと見てもらえているんだなと感じます」

――佐藤・石橋両選手が引退し、自分が名古屋JKファクトリーを引っ張っていくという気持ちはありますか?

「そうですね。自分がどんどん試合をして結果を出して、僕がそうだったように、後輩たちに名古屋JKファクトリーを選んでよかったと思えるジムにしたいです」

――早坂選手が格闘技を始めたのも名古屋JKファクトリーなのですか?

「名古屋JKファクトリーに入門する前に少しだけ空手をやっていました。それでたまたまインターネットで石橋先輩の試合を見て、自分もキックをやりたいと思って、石橋先輩と同じ名古屋JKファクトリーに入門しました」

――昔から格闘技が好きだったのですか?

「いえ、全然そんなことないです。小学1年生の時に空手を始めたのですが、親に無理矢理道場に連れていかれたのがきっかけで、最初は道場で号令や気合いを入れる声を聞くだけで泣いてました(苦笑)。そんな感じで最初は嫌々ながら道場に通っていたのですが、次第に練習が楽しくなってきて、そういう時に石橋先輩を見て、キックに転向しました」

――早坂選手にとって石橋さんの試合を見たことが転機だったんですね。

「石橋さんは僕を含めて後輩のことをずっと気にかけてくれるし、8月の名古屋大会の時にはスーツ姿のままセコンドについてくれたんですよね。石橋さんには尊敬以外ないです」

――また名古屋JKファクトリーには佐藤嘉洋さんもいますが、佐藤さんはどんな存在ですか?

「僕らとは次元が違う存在だと思うんですけど、気さくに接してくれますし、名古屋JKフィットネスではインストラクターとして仕事もいただいているので、今でもお世話になっています」

――早坂選手は自分のどこが武器・持ち味だと思いますか?

「構えがサウスポーなのでで左ミドルが得意です。みなさんには僕の重い左ミドルを見てもらいたいですね。あとあまりにもキックボクシングが好きすぎて、スパーリングの最中にグローブの破片が口に入って、そのまま飲み込むというミラクルを起こしたことがあるんです。そういうキックへの愛にも注目してほしいです(笑)」

――早坂選手はこれから名古屋JKファクトリーを引っ張っていく存在であり、Krush-63kgはKrushでも伝統のベルトです。そういったものを自分が受け継いで、ジムやKrushを盛り上げていきたいと思いますか?

「はい。自分はKrushという大きな舞台に出させてもらっていて、このまま勝ち続ければベルトを獲るチャンスにもつながるだろうし、Krushのベルトを獲るしかないと思っています。そういう意味でもこの1~2年が自分にとっては勝負になると思うので、厳しく自分を追い込んで練習しています。ぜひ次の試合の僕に期待してください」

≫ Krush.60大会概要
≫ 眞暢 選手データ
≫ 早坂 太郎 選手データ

  • 早坂太郎VS南野卓幸01
  • 本村謙太 vs 早坂太郎
  • 佐々木大蔵 vs 早坂太郎
  • 早坂太郎 vs 前田修
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます