ホーム > お知らせ > 11・14「Krush.60」吉沼大樹「ローで倒すことが多くて、左の蹴りが強いと言ってもらえる。綺麗な試合や戦い方をするのが自分の理想です」

お知らせ

11・14「Krush.60」吉沼大樹「ローで倒すことが多くて、左の蹴りが強いと言ってもらえる。綺麗な試合や戦い方をするのが自分の理想です」

吉沼大樹

[2015/10/26]

 11月14日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.60」の[Krush -65kg Fight]で中澤純と対戦する吉沼大樹のインタビューを公開! >>詳細

――今大会への参戦が決まった時の心境を聞かせてもらえますか?

「ああ…試合が決まったなって感じですね」

――これまでKrushの試合を見て、どんな印象を持っていますか?

「打ち合う選手が多い印象です。僕も打ち合う試合は嫌いではないのですが、もっと綺麗な試合や戦い方が好きです」

――吉沼選手が格闘技を始めるきっかけは何だったのですか?

「高校まではプロを目指して本格的にサッカーをやっていたのですが、途中で挫折してしまったんです。サッカーを続けることに心が折れてしまって…それでサッカーを辞めて格闘技をやろうと思いました」

――色んなスポーツがある中で格闘技を選んだ理由は?

「昔から魔裟斗選手が出ていた頃のK-1とか、格闘技を見るのが好きだったんですよ。それに僕は性格が負けず嫌いだったんで、自分にも出来るだろうと思ってTANG TANG FIGHT CLUBで格闘技を始めました」

――吉沼選手は自分のファイトスタイルでどこが持ち味だと思いますか?

「プロになってからはローで倒すことが多いですね」

――サッカーをやっていた経験が蹴りの強さにも活かされているのでしょうか?

「どうですかね…でもミットを持ってもらった方には左の蹴りが強いと言ってもらえます。ただ試合が終わると反省することが多くて、映像を見直して悔しい気持ちになるんです。自分の中ではもっとタイ人みたいに綺麗な試合をすることが理想なので、そういう試合が出来るようになりたいです」

――対戦相手の中澤選手にはどんな印象がありますか?

「顔が怖いですね(笑)。一緒に練習している牧平(圭太)さんが中澤選手と試合をしていて、その映像を見た印象ですが、パンチでガンガン来るタイプかなと思います」

――中澤選手はKrushでKO勝ちも多い選手ですが、中澤選手の攻撃力には警戒していますか?

「そうですね。パンチをもらわないようにサウスポーの利点を活かして戦いたいと思います。相手どうこうよりも自分の動きをやることを意識しています」

――吉沼選手は今回がKrush初参戦ですが、Krushでどんな目標がありますか?

「自分の理想の動きを追求して試合を続けていきたいですね」

――自分のどんなところをアピールしたいと思いますか?

「試合を見た人が僕のことを好きになってくれてもいいですし、嫌いになってくれても構いません。そこは見てくれた人が決めてくれればいいかなと思います」

≫ Krush.60大会概要
≫ 中澤 純 選手データ
≫ 吉沼 大樹 選手データ

1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます