ホーム > お知らせ > 12・4「Krush.61」山本真弘VS闘士の火花散るスーパーファイト決定!「原点回帰で壊しに行く」(真弘)VS「どう考えても俺の方が強い」(闘士)

お知らせ

12・4「Krush.61」山本真弘VS闘士の火花散るスーパーファイト決定!「原点回帰で壊しに行く」(真弘)VS「どう考えても俺の方が強い」(闘士)

12・4山本真弘VS闘士

[2015/10/06]

 10月6日(火)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、12月4日(金)東京・後楽園ホール「Krush.61」の対戦カードが発表された。 >>詳細

 激戦区Krush-60kgで山本真弘VS闘士の初対戦が決まった。この試合で真弘が68戦目、闘士が21戦目と3倍以上もキャリアの違う両者だが、意外にも同じ1983年生まれ・32歳同士の対戦となる。

 昨年のWILDRUSHリーグ出場を経て、今年はK-1で活躍を続ける闘士は「7月のK-1で卜部弘嵩選手と試合をして今回が復帰戦。自分の母校(Krush)で試合が出来ることがものすごくうれしいですね。とにかくうれしいので、12月4日は平日の金曜日ですが、僕に騙されたと思って見に来てください」と挨拶。

 私生活では2児の父親で”戦うビッグダディ”とも呼ばれる闘士は妻、Krush、そして真弘にまつわるエピソードを明かした。

「嫁と初めて格闘技を生観戦したのが2008年11月のKrush旗揚げ戦で、その時に真弘選手がAKIRA選手と戦っていて、正直度胆を抜かれました。あまりに動きが速すぎて何をやっているか分からなくて。当時自分はまだアマチュアで『俺もこういう選手とやれたらいいな』と嫁と話していたんです。その相手と7年越しに試合が決まったことはうれしい」

 そんな真弘戦への思い入れを語った闘士は「それは置いておいて」と前置きすると、対戦相手としての真弘を痛烈に“口撃”。「正直もう真弘選手は”SPEED STAR”じゃない。元をつけた方がいいんじゃないですか?」と切り出し「今の俺の方が速いし、真弘選手に俺のパンチをかわせるスピードはないでしょう。どう考えても俺の方が強いです」と”SPEED STAR”失格の烙印を押す。

 さらに「対戦相手の警戒するところは?」という質問には「俺が警戒しても面白くないから、警戒しないでやります。むしろ俺を警戒して欲しいかな、逆に。俺を警戒してリングに上がって欲しいです」とまで言い切った。

 一方、8・14「Krush.56」でレオナ・ぺタスに敗れてからの再起戦となる真弘は「前回クソみたいな試合しちゃったんで、気を引き締めてやりたい」とレオナ戦を振り返り「試合自体が全部クソでした(苦笑)。自分自身がそうで、おごりもあったと思うし、あれから自分を見つめ直してきたので、それを次の試合で出せればいいなと思います」と巻き返しを誓う。

 闘士からは挑発的な言葉が続いたが、真弘は「自分で速いと言っているので、どのくらい速いか楽しみ」「警戒してほしいと言ってるので、しっかり警戒して対策を練る」とクールに切り返した。

 ピリピリした空気を漂わせたまま、続いた記者会見。両者は最後にそれぞれこの試合に掲げているテーマを語った。

闘士
「Krushはその名の通り“壊す”イベントです。でも正直、今のKrushを見ていて壊し合いをしている感じがしません。試合を見ていて『何を目標にやっているのか?』と思っていたんで、俺はこの試合に今年の集大成、全部をかけて壊しに行きます」

山本真弘
「原点回帰で壊しに行きます。楽しみにしておいてください」

 奇しくも“破壊宣言”で会見を締めくくった真弘と闘士。Krushにふさわしい壊し合いが見られるに違いない。

  • 12・4山本真弘VS闘士
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます