ホーム > お知らせ > 12・4「Krush.61」-55kg王者・堀尾竜司、初防衛戦の相手はハキム・ハメッシュ!「ベルトを失うことを怖がらず、今まで以上に前に前に出て打ち合う」

お知らせ

12・4「Krush.61」-55kg王者・堀尾竜司、初防衛戦の相手はハキム・ハメッシュ!「ベルトを失うことを怖がらず、今まで以上に前に前に出て打ち合う」

12・4堀尾竜司

[2015/10/06]

 10月6日(火)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、12月4日(金)東京・後楽園ホール「Krush.61」で初防衛戦を迎える-55kg王者・堀尾竜司の対戦相手が発表された。 >>詳細

 8・14「Krush.56」で戸邊隆馬、匠をKOし、第4代Krush-55kg王者となった堀尾。初防衛戦の相手はアルジェリアのハキム・ハメッシュに決まった。

 ハメッシュはフランスの名門Team Nasser K所属の軽量級ファイターで、7月のK-1代々木大会のスーパーファイトでK-1 WORLD GP-55kg初代王者・武尊と対戦。判定で敗れはしたものの、武尊と一歩も退かない接戦を演じ、武尊を苦しめた。会見には堀尾、そしてKrush宮田充プロデューサーが出席し、はじめに宮田プロデューサーがカード決定の経緯を説明した。

「ハメッシュ選手は7月のK-1で武尊選手と真っ向勝負で打ち合って、敗れはしたのですが、試合後に武尊選手も『強い選手だった』と話していた選手です。自分も試合を見させていただき、再来日があってもいいんじゃないかなと思っていました。そこで8月に堀尾選手がチャンピオンになり、初防衛戦の挑戦者を考えた時、ハメッシュ選手がいいんじゃないかと思い、ハメッシュ選手の試合スケジュールが(Krushの試合スケジュールと)合い、堀尾選手とのタイトルマッチが決まったことをご報告いたします。今回のハメッシュ選手の出場については、Krushとしてハメッシュ選手を招聘したK-1実行委員会に選手招聘を打診し、K-1実行委員会を通じてハメッシュ選手サイドとスケジュールを確認・契約し、出場が決定しました。7月にハメッシュ選手を招聘したK-1実行委員会の了承を得てのKrush参戦となります」

 これを受けて堀尾が初防衛戦への意気込みを語り、ハメッシュのコメントが読み上げられた。

堀尾竜司
「初めて外国人選手と戦うということで、今までに体験したことがないような身体の強さやプレッシャーがあると思うんですけど、チャンピオンにならなければ、こんな強豪とはやらせていただけなかったと思います。僕は誰とやっても打ち合うスタイルは変わらないし、チャンピオンになってさらにいいものを見せる自信があったので、初防衛戦の相手がハメッシュ選手に決まったからと言って大きく何か思うことはなかったです。ハメッシュ選手はK-1で武尊選手に負けていますが強い選手なので、ここで勝ってKrushのベルトを持つ者として相応しいことを見せられると思います」

ハキム・ハメッシュ
「日本で戦うことは多くのファイターの夢で、7月のK-1以来、こうして日本に戻ってこれたことをうれしく思っている。しかも今回はただ試合が組まれただけでなく、Krushのタイトルに挑戦できるということで、このようなチャンスを与えられたことを心から光栄に思っている。Krushでチャンピオンになれば、防衛するために日本に戻ってくることが出来るから、日本が大好きな自分にとっては最高なことだ。チャンピオンの堀尾とはアグレッシブで攻撃的な、僕の熱い魂を感じてもらえるような戦いをしたい。Krushのベルトを巻くことが出来たら、いつまでもKrushチャンピオンの座を防衛し続けたい」

 対戦が決まり試合映像をチェックしたという堀尾はハメッシュを「絶対に下がらずに殺傷能力がある攻撃を出してくるし、何でも技を出せる選手だと思います」と分析。「外国人選手と戦うのは初めてで、今までにないパワーとリーチがあると思います。今まで打たれても打ち返す戦いをやってきましたが、僕が打っても打ち返されるリーチがあると思うので、ディフェンスに気をつけたい」と外国人選手特有のパワーとリーチに警戒心を示す。

 またハメッシュがK-1で武尊と判定までもつれる試合を演じていることを「もちろん、強く意識しています」という堀尾。「Krushのベルトを持つ者の強さを証明するためにも、K-1王者の武尊選手がダウンを奪って勝っているので、最低でも僕もダウンを奪って勝つつもりです。武尊選手が倒せなかった選手を倒せば、自分の強さのアピールにつながると思うので、一番の目標はKOで勝つことです」とKO防衛を誓った。

 堀尾の防衛戦は今大会のメインイベントとなり、2015年のKrushの最後を締めくくる試合にもなる。オープニングファイトからキャリアを積み上げ、王者まで上り詰めた堀尾は「僕はKrushに育ててもらったので、今までの経験をぶつけて活かして、僕を育ててくれたみなさんにとても熱い試合をお見せしたいと思います。ベルトを守ることが一番だと思いますが、ベルトを失うことを怖がるのではなく、今まで以上に前に前に出るスタイルで打ち合って会場を沸かせたいです。絶対とは言えませんが、KO勝利で盛り上げる試合をしますのでよろしくお願いします」とKrush王者らしい試合を見せると固く誓った。-55kg王者・堀尾は強豪ハメッシュを相手にベルトを守ることが出来るか!?

  • 12・4堀尾竜司
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます