ホーム > お知らせ > 10・4「Krush.59」元-65kg王者・寺崎直樹、再起戦で「チャンピオンになった人間の厳しさを教える」、佐々木大蔵は寺崎撃破で-63kg王座に名乗りを上げる!

お知らせ

10・4「Krush.59」元-65kg王者・寺崎直樹、再起戦で「チャンピオンになった人間の厳しさを教える」、佐々木大蔵は寺崎撃破で-63kg王座に名乗りを上げる!

寺崎VS佐々木

[2015/10/03]

 10月3日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.59」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 セミファイナルは元Krush-65kg王者・寺崎直樹と佐々木大蔵によるKrush-65kg Fight。両者ともに65kgジャストで計量をクリアし、記者会見で明日の意気込みを語った。

 今回は普段の-63kgから一階級上げての試合に挑む佐々木。「計量を終えて、いつもより2kg重いということで、そんなに減量はきつくなかったかなと思います。減量期に入ると減量に重点に置くのですが、今回はそれがなくて、最後まで自分をいじめ抜いて良い練習ができたと思います」といつも以上に自分を追い込むことが出来たと話し「明日は-65kgで相手は元王者の寺崎選手なので、勝てば自分の名前を上げられると思います」と寺崎との一戦にモチベーションは高い。

 しかしあくまで佐々木が目指すものは本来の階級であるKrush-63kgのベルトだ。「今-63kgは空位ですが、僕がそこに名乗りを上げて、しっかり勝って僕が-63kgのベルトを巻きます。-63kgは秀さん(山崎秀晃)がずっとベルトを守っていて、僕もベルトを見据えていましたが、秀さんがいたので、秀さんの次に自分がいるという想いでやってきました。今回、秀さんがベルトを返上したあと、次に僕がベルトを巻く存在かなと思います。明日は-65kgの試合ですが、僕はしっかり勝って-63kgでやると気持ちを固めています」と寺崎撃破の勲章を引っさげて、-63kgのタイトル戦線に名乗りを上げるつもりだ。

 対する寺崎は1・4「Krush.50」での初防衛でNOMANに敗れて以来、約9カ月ぶりの再起戦。冒頭の挨拶では、再起戦を明日に控える心境を「まずこの場所に戻ってこれたこと、そしてサポートしてくれた皆様に感謝しています。試合間隔が空いちゃって、どうなのかなって思うところがあるのですが、ベルトを失って色んなものを見つめ直して考えました。自分が戦うことで、自分が夢先生で行った小学校の生徒たちに勇気や生きる希望を与えられると思います。子供たち、そして応援してくれる人のためにも、次につなげたいと思います」と語る。

 試合間隔こそ空いたものの「いつも通りやることは一つ。やるべきことを繰り返し、自分に足りないものを追加してきてやってきました。調整は問題ないです」と仕上がりは順調で「佐々木選手は-63kgのタイトルを見据えてやってくると思いますが、自分もチャンピオンになった人間として厳しさを教えてやろうと思います」と元王者としてのプライドをのぞかせる。

 また寺崎は「現役続行を決めた以上、もう一度、Krush-65kgのチャンピオンを狙う」と王座返り咲きを目標に掲げつつ「NOMANと試合が終わって(NOMANが所属する)DTS GYMで練習しているので、NOMANがチャンピオンのうちは、ベルトが目的ではなくその先。そこにはK-1があると思うので、K-1につながるようなことがあればいいかなと思います」とK-1出撃という新たな野望も口にしている。

 一通りコメントを終えたあと、佐々木は「寺崎選手はチャンピオンの厳しさを教えるということだったんですけど、それを聞いてさらにワクワクしてきました。明日はしっかり存在感を見せつけて-63kgは僕だと証明したい」と改めて-63kg王座への想いを語り、寺崎は「明日は隣にいる選手とバチバチに殴り合って、どちらかが倒れる試合をします」とKrushらしい壊し合いを予告。セミファイナルは激戦必至の一戦になりそうだ。

≫ Krush.59大会概要
≫ 寺崎 直樹 選手データ
≫ 佐々木 大蔵 選手データ

  • 寺崎VS佐々木
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます