ホーム > お知らせ > 11・14「Krush.60」-65kgタイトルマッチは運命の再戦!? 王者NOMANが2度目の防衛戦で挑戦者・山崎秀晃と激突

お知らせ

11・14「Krush.60」-65kgタイトルマッチは運命の再戦!? 王者NOMANが2度目の防衛戦で挑戦者・山崎秀晃と激突

11・14NOMANVS山崎会見

[2015/09/17]

 9月17日(木)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、11月14日(土)東京・後楽園ホール「Krush.60」で2度目の防衛戦に臨む-65kg王者・NOMANの対戦相手が発表された。 >>詳細

 8・22名古屋大会で泰斗と引き分け、初防衛に成功した-65kg王者NOMAN。約3カ月という短い期間で2度目の防衛戦が決まり、この日の会見で挑戦者が発表された。

 NOMANのベルトに挑戦するのは元-63kg王者の山崎秀晃。山崎は13日の会見で保持していた-63kg王座を返上し、-65kgへの階級転向を発表したばかり。その緒戦で王座挑戦のチャンスが巡ってきたことになる。

 NOMANと山崎は2011年7月に対戦経験があり、この時は山崎が判定勝利。翌2012年にWILDRUSHリーグに出場した両者だったが、この時はNOMANの負傷欠場で2人の対戦は実現しなかった。会見ではKrush宮田充プロデューサーがこの一戦が決まった経緯を説明した。

「8月の名古屋大会を終えてすぐのタイミングでNOMAN選手が所属するDTS GYMさんに試合オファーとして『年内に防衛戦をどうか?』と話をしたところ、やるという返事をいただきました。そういった中で山崎選手が-63kgのタイトルを返上し、NOMAN選手の挑戦者を考えたところ、コンディションや試合の意味を考えた結果、山崎選手が相応しいと考えました」

 宮田プロデューサーの言葉を受けて王者NOMAN、挑戦者・山崎がそれぞれ挨拶。山崎が「タイトルを返上してこういったチャンスをいただいて光栄に思います。-65kgでもしっかりチャンピオンになって新時代を築いていきたいと思います」と短く語ったのに対し、NOMANは「挑戦者の候補として外国人選手の名前もあったけど、山崎選手の名前があると聞いて、このタイミングじゃないと山崎選手とは試合が出来ないと思いました。僕にとってもKrushにとっても意味があって、盛り上がると思って試合を受けました」と山崎が自分にとって特別な挑戦者だという想いを打ち明けた。

 続く質疑応答でもNOMANと山崎は好対照な言葉を続けた。NOMANはWILDRUSHリーグ後の山崎の活躍について「WILDRUSHリーグで僕は山崎選手と戦えなかったけど、ずっと山崎選手の試合を見ていて『負けるなよ』って気持ちもあったし、僕がやったらこう戦おうというのもありました。純粋に山崎選手が負けたら自分も価値が下がるし、WILDRUSHリーグに出た選手たちの価値も下がる。僕も負けたらWILDRUSHの価値が下がるし…そういう複雑な目で見ていました」。

 今回は王者として山崎の挑戦を受ける立場とNOMANだが「前回はKrushのチャンピオンとして分かりにくい試合をして、チャンピオンとしての仕事が出来なかった。そこで山崎選手が挑戦者として上がってきて、ここで一発仕事をしたいと思いました。山崎選手は-63kgのベルトを返上してくるので、失礼のないようにしっかりパンチで倒したい」とドロー防衛を払拭する試合をしたいと語った。

 一方、山崎はこの一戦への想い入れを語ったNOMANとは違い「WILDRUSHリーグが終わって話す機会があって、NOMAN選手はもう一回やりたいとおっしゃってくれていました。僕はいつでも受けるつもりだったし、こうして最高の舞台で再戦できる形になりましたけど、それはそれです」とキッパリ。

「この試合は-65kgでの再出発ということで、今まで一番いい状態だと思っています。しっかり倒して-65kgのスタートラインに立って、ここから新たなストーリーを作っていきたいです」とあくまでNOMANからベルトを奪って、新たに自分の道を作っていくだけだとした。

 最後にファンへのメッセージを求めると、山崎は「-65kgでタイトルマッチを組んでいたただいて、自分がやらなければいけないことは分かっています。それを-65kgでも出来ることを証明して、K-1に忘れてきたものもあるので、Krush-65kgのベルトを背負ってK-1でも戦っていきたい。しっかりKOをお見せします」とKOでの王座奪取とK-1再出撃を宣言。

 迎え撃つ王者NOMANは「僕がベルトを持っている形だけど、一回負けている相手なので自分が挑戦する気持ちで頑張る。外れのない試合をしたい」と挑戦者のつもりでベルトを防衛すると語った。

 約4年ぶりに実現した運命の再戦とも言えるタイトルマッチ。最後にベルトを巻いているのは王者NOMANか? それとも挑戦者・山崎か?

  • 11・14NOMANVS山崎会見
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます