ホーム > お知らせ > -60kg王者・卜部弘嵩、K-1王者の弟・功也に挑戦要求!「Krushの防衛戦も2試合KOで、挑戦者として自信を持って名乗り上げることが出来た」

お知らせ

-60kg王者・卜部弘嵩、K-1王者の弟・功也に挑戦要求!「Krushの防衛戦も2試合KOで、挑戦者として自信を持って名乗り上げることが出来た」

卜部弘嵩

[2015/09/13]

 9月13日(日)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、9月12日(土)東京・後楽園ホール「Krush.58」の[Krush-60kgタイトルマッチ]に勝利した王者・卜部弘嵩が王座防衛の喜びと今後の目標を語った。 >>詳細

 中国のジュアン・シューソンをTKOで下し、2度目の防衛に成功した弘嵩。終始攻め続けて危なく見えた内容だったが、会見では「防衛出来てホッとしています。プレッシャーがあった中でTKO勝利できてホッとしました」と安堵の表情を浮かべた。

 7月末から約3週間、タイのシッソーンピーノンジムで武者修行を行った弘嵩は、開始直後から強烈な蹴りを連発。キレと重さを増した蹴りで会場をどよめかせた。弘嵩曰く「ムエタイの成果を見せたくて、最初からガンガン蹴るスタイルで行こうと思っていた」とのことで「まだまだ30~40%くらいしか出せていません」とすべてを出し切るまでには至らなかった。

 防衛後にはK-1 WORLD GP-60kg初代王者・卜部功也とマイク合戦があり、互いに11月のK-1代々木大会での兄弟対決によるタイトルマッチを承諾した。改めて弘嵩は「絶対にまた(功也)とやってやろうという気持ちがあった。11月に功也の防衛戦が決まって、自分はそこまで勝ち続けているし、Krushでの防衛戦も2連続KOだった。挑戦者として自信を持って名乗り上げることが出来たと思う」と自分が挑戦者として相応しいとアピール。

 功也の挑戦承諾については「今までやるわけがないって避けていた発言をしていたのに、初めて言い返してきた。だから僕はこれで決まったんじゃないかなと思っています。今までの人生の中でもああいう返しをしてきたのは初めて」と語っている。

 会見に同席したKrush宮田充プロデューサーは「1月にK-1のトーナメントで準優勝して、速いペースで2回防衛戦を行ってどちらもKOで勝った。チャンピオンとしてしっかりいい仕事をしていると思います。Krushのプロデューサーとして、これからもガンガン行ってほしいし、それだけの仕事をしていると思います」と弘嵩のチャンピオンとしての堂々たる戦いぶりを称える。またK-1実行委員会という立場から、K-1-60kgタイトルマッチの行方について「結果もそうですし、選手同士のやり取り…どのくらいインパクトあるのかなというところですが、インパクトある形でやりとりがあったのかなと思います。これで正式決定ではないですが、この1~2週間でタイトルマッチのカードが決まっていくのかなと思います」と話している。

 もしK-1でタイトルマッチが決まれば、次戦は11月。「すぐに練習再開して必要だと思ったら、またタイに行くかもしれない」という弘嵩は「まだ正式に決まっていませんが、もし挑戦が決まったらKrushのチャンピオンとしてKOでK-1のタイトルも獲りたいと思います」とK-1での王座獲得に闘志を燃やした。

≫「Krush.58」試合結果

  • 卜部弘嵩
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます