ホーム > お知らせ > 激化する女子タイトル戦線! 王者・朱里「挑戦者は誰でもいい。Krushの女子チャンピオンとして、Krushの女子を盛り上げていく」

お知らせ

激化する女子タイトル戦線! 王者・朱里「挑戦者は誰でもいい。Krushの女子チャンピオンとして、Krushの女子を盛り上げていく」

朱里

[2015/09/13]

 9月13日(日)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、9月12日(土)東京・後楽園ホール「Krush.58」の[Krush女子タイトルマッチ]に勝利した王者・朱里が王座防衛の喜びと今後の目標を語った。 >>詳細

 昨日のダブルメインイベント第1試合、3度目の防衛でトモコSPの挑戦を受けた王者・朱里。KO勝利こそ逃したものの、3R通じて合計4度のダウンを奪う圧勝劇で、王座防衛に成功した。

「KOしたかったけど試合をしていくうちに成長が見えているんじゃないかなと思います」という朱里が、最も成長を感じたのはパンチ力だ。試合前の会見でも“倒せる拳”を作っていると話していたが「パンチ力が上がって、ゴツゴツしたパンチが打てるようになったのではないかなと思います」と実戦でも手応えを掴んだという。

 それ以外にも「体力はばっちり大丈夫で、コンディションもよかったです。技の面でも後ろ廻し蹴りを出せたので、もっともっと練習して強くなりたいです」と収穫は大きく、プロレスで訪れたニューヨークで寝ているときにひらめいたという新技に関しては「昨日は出せなかったので、次のお楽しみです。本当にその技はあります(笑)」と笑顔で話した。

 今大会はタイトルマッチを含めて女子マッチが3試合組まれ、第1試合でKO勝利を収めたシルバーウルフのKANAが大きなインパクトを残した。

 デビュー戦を終えたばかりのKANAは早くも朱里への挑戦をアピールしているが、朱里は「KANA選手はKO勝ちして、Krushの女子を盛り上げてもらえるのはありがたいです」と新星の登場を歓迎しつつも「インタビュースペースでも『朱里とやりたい』と言っていたらしいので、自分は全然いつでもいいですよ。いつでもやれるならやりたいです」と、いつでも挑戦してこいと言わんばかりに語った。

 会見に同席したKrush宮田充プロデューサーも昨日の女子マッチについて話し「女子だけの会見をやって感じることがあって、デビュー戦の選手たちに本戦第1試合を任せてみたのですが、非常に評判がいいです。敗れた平岡(琴)選手も、尾崎圭司くんのジムのプロ第1号選手で、いい雰囲気を持った選手だと思いました」とKANAに敗れはしたものの会場を盛り上げた平岡の奮闘も称賛。

 衝撃的なプロデビューを飾ったKANAには「第1試合は大事なもので、いい雰囲気で次につなげてくれたと思います。KANA選手は目的(朱里のベルト)がはっきりしているので、そこまで追いつけるのかどうか? まだキャリアが始まったばかりなので色んな選手と戦わせていきたいです」と期待を寄せ、早ければ3週間後の10・4「Krush.59」で試合を組む可能性があることも明かしている。

 初防衛戦で空手家・谷山佳菜子、2度目の防衛戦でキックボクサー・グレイシャア亜紀、そして今回はムエタイファイターのトモコSPと、様々なバックボーンを持つ選手たちとベルトを争ってきた朱里。宮田プロデューサーは朱里の4度目の防衛戦について「次は『朱里が倒されるんじゃないか?』と思われるくらいの選手を国内外で探していきたい。次の防衛戦は早い方がいいと思うので、年内に考えたい」と話し、朱里も「挑戦者は誰でもいいですね。昨日の試合を踏まえてKOを目指して戦いたいと思います」と強敵との防衛戦は望むところだ。

 会見の最後を「Krushの女子チャンピオンとして、Krushの女子を盛り上げていくことプラスKrushのチャンピオンとしての試合をしていきたいと思うのでよろしくお願いします」と締めた女子王者・朱里。激化の一途をたどる女子タイトル戦線、これからどんなドラマが生まれるか?

≫「Krush.58」試合結果

  • 朱里
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます