ホーム > お知らせ > 9・12「Krush.58」女子王者・朱里「Krushの王者に相応しい試合をすると決心している」VS挑戦者トモコSP「明日はデビューから今までの成果が報われる日になる」

お知らせ

9・12「Krush.58」女子王者・朱里「Krushの王者に相応しい試合をすると決心している」VS挑戦者トモコSP「明日はデビューから今までの成果が報われる日になる」

9・12朱里VSトモコ会見

[2015/09/11]

 9月11日(金)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.58」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 昨年12月の仙台大会以来、3度目の防衛戦を迎える王者・朱里とKrush初参戦でタイトル挑戦のチャンスを掴んだトモコSP。計量ではともにリミットちょうどの52.0kgでパスし、調印式・会見に出席した。

 挑戦者のトモコは「計量終えて一息つきたかったのですが、しゃべることになって緊張しています。明日に向けて気持ちを高めていきたいと思います」と緊張気味に挨拶したもの、決戦を明日に控えた心境を「本当に尊敬できるチャンピオンとタイトルマッチということでモチベーションも上がり、明確な目標に向けて一直線に必死でやってきました。その成果を明日は見せたいと思います」と力強い言葉で話す。

 また3日の記者会見で「チャンピオンがダウンするんじゃないかなというイメージがあります」と朱里攻略に自信のコメントを残していたトモコは、この日も「朱里選手が倒れているイメージは出来ています。蹴りでもパンチでもなんでも、何個かイメージしています」と不敵に語った。

 一方、迎え撃つ朱里は「計量が終わって体調もばっちりです。明日に向けて体調を整えます。明日に向けて頑張りたいと思うのと同時に、明日は朱里がKrushの女子チャンピオンだなと思われるような試合をしたいと思います」と王者らしい言葉で防衛を宣言する。

 朱里は今回の防衛戦に向けて「減量方法も今までと変えて、どれだけ筋肉を落とさずに減量できるかをトレーナーと話して減量しました」と新たな減量・調整に取り組んだことを明かし「プロレスの時は一番動きやすい58kgを目安にしていて、今回は52kg契約で減量もしやすかった。明日の試合でKOできるんじゃないかなという気持ちもあります」と仕上がりの良さをアピールした。

 会見の最後「タイトルマッチとしてどんな試合をしたいか?」という質問を受けると、トモコは「プロデビューして8年くらいになりますが、その8年分を全部ぶつけて、その成果が報われる日じゃないかなと思っています」。朱里は「Krushの女子チャンピオンとして、ダブルメインの1戦目として、それ相応の試合をしたい・すると決心しています。それを見に来てください」と語った。

 プロ格闘家人生をかけてKrush王者に挑むトモコとKrush女子王者としての意地とプライドでベルトを守ると誓った朱里。二人の言葉通り、明日のタイトルマッチはKrushのベルトをかけた戦いに相応しい試合になるだろう。

  • 9・12朱里VSトモコ会見
  • 9・12朱里VSトモコ会見02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます