ホーム > お知らせ > 9・12「Krush.58」王者・朱里「倒せる拳になるように練習してきた。Krush女子王者としての力を見せて、またこのベルトを腰に巻きたいと思います」

お知らせ

9・12「Krush.58」王者・朱里「倒せる拳になるように練習してきた。Krush女子王者としての力を見せて、またこのベルトを腰に巻きたいと思います」

朱里

[2015/09/08]

 9月12日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.58」の[Krush女子タイトルマッチ(-52kg契約)/3分3R・延長1R]で挑戦者トモコSPと対戦する王者・朱里のインタビューを公開! >>詳細

――約9カ月ぶりにKrushでの防衛戦が決まりました。試合が決まった時の心境を聞かせていただけますか?

「Krushでの試合が昨年末の仙台大会以来で、ずっと試合が決まって欲しいなと思って過ごしていました。だから今回、防衛戦が決まって本当にうれしかったです。2月の中国遠征で初黒星を経験して、内容的にもモヤモヤする試合だったので、そのモヤモヤを試合にぶつけようと思っています」

――中国遠征での敗戦を機に変えたことはありますか?

「私はいつも前に前に出る試合をするんですけど、それだけでなくステップの練習もやるようになりました。今まで圧力負けしたことがなかったので、どうしても試合では前に出ちゃうんですけど、KOするためには間合いやステップを覚えるべきだ、と。2月以降はそうした練習を取り入れています。また一発一発の強さも意識して、倒せる拳になるように練習してきました」

――練習では手応えを掴めていますか?

「そうですね。ただ試合で出せなければ意味がないので、逆にみなさんに今回の試合を見てもらって、そこでどう成長したかを判断してもらえるとうれしいです」

――挑戦者のトモコSP選手にはどんな印象を持っていますか?

「ムエタイベースの選手なのですが、試合映像を見ると結構前に来るタイプだなと思いました。いい意味でムエタイらしくなくガンガン出てくる選手だと思っています」

――スタイル的に朱里選手とは噛み合いそうですか?

「向き合ってみないとどうなるか分からないですけど、すごく楽しみにしていますね。久しぶりの試合ということもそうですし、トモコSP選手が相手という部分でも試合が楽しみです」

――会見ではトモコ選手も「朱里選手は前に出るスタイルなので噛み合うと思う」と言っていましたが、朱里選手も同じ気持ちですか?

「はい。トモコ選手とは思いきり戦えると思います」

――その一方でトモコ選手からは「チャンピオンがダウンするんじゃないかなというイメージがあります」というコメントもありました。それについてはいかがでしょう?

「少し前にプロレスの試合でニューヨークに行ってきて、寝ているときにある技がひらめきました。逆にダウンさせてやりたいと思っています」

――今回の防衛戦をクリアした先に考えていることはありますか?

「Krushではまだ欧米の選手と試合をしたことがないんですね。やっぱり欧米の選手は力やフィジカルが強いと思うので、トモコ選手に勝って防衛して、次はそういった選手とも戦いたいと思います。また私はK-1に出たいという夢を持ち続けています。Krushで防衛を続けていい試合をして、自分のことを認めてもらったうえでK-1の女子選手第一号になりたいです」

――そうなれば結果だけでなく内容も問われることになると思います。ずばりどんな試合をしたいと思いますか?

「Krush女子王者としての力を見せたいですね。私は少しずつ前よりも強くなって、それを試合で出せればという気持ちです。必ずベルトを防衛して、またこのベルトを腰に巻きたいと思います」

≫ Krush.58 大会概要
≫ 朱里 選手データ
≫ トモコSP 選手データ

  • 朱里 vs グレイシャア亜紀
  • 朱里 vs グレイシャア亜紀
  • 朱里 vs 谷山佳菜子
  • 朱里 vs 林美久
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます