ホーム > お知らせ > 10・4「Krush.59」元王者と対戦、WILDRUSHリーグ逆転優勝、4カ月ぶりの再起戦、新階級での主役宣言! チームドラゴンから参戦する4選手が意気込みを語る

お知らせ

10・4「Krush.59」元王者と対戦、WILDRUSHリーグ逆転優勝、4カ月ぶりの再起戦、新階級での主役宣言! チームドラゴンから参戦する4選手が意気込みを語る

10・4チームドラゴン

[2015/09/05]

 9月4日(金)東京・町田のK-1ジムDRAGONにて、10月4日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.59」に出場するチームドラゴンの4選手(佐々木大蔵、翔也、石田圭祐、亀本勇翔)が意気込みを語った。 >>詳細

 今大会では65kgに階級を上げて、前Krush-65kg王者・寺崎直樹と対戦する佐々木大蔵。階級アップについては「65kgのオファーを受けたので、65kgへの挑戦ということも含めてやろうと思いました」と、あくまで“挑戦”としたものの「寺崎選手は若手に負けない勢いがあると思ういるけど、元王者を喰って現王者のNOMAN選手に挑みたい」と65kg王座への挑戦も視野に入れている。

 昨年11月の後楽園大会では早坂太郎に見事なKO勝ちを収めた佐々木だが、今年は2連敗。「僕は“眠れるドラゴン”というキャッチフレーズをつけられて、一度目覚めたのですが、今年は連敗しています。次の試合で本当に目覚めた佐々木大蔵を見せたい」と覚醒をテーマに掲げた。

 現在WILDRUSHリーグに参戦中で勝ち点5で優勝の可能性を残す翔也。リーグ戦ということは意識せず「一試合ずつ勝って行く」という。第4戦で対戦する伊藤健人については「蹴りもパンチも上手いボクサーで、特に強さは感じない」と話し「前回倒せなかったので次はしっかり倒す。残り2試合ともKO狙いたい」と連続KOで逆転優勝に望みをつなぎたいところだ。

 第4代-55kg王座決定トーナメント一回戦で堀尾竜司に惜敗した石田圭祐は、約4カ月ぶりの再起戦で朝久泰央と対戦する。堀尾戦後は頭を丸めて「一旦練習を休んで心をリセットした」という石田。心機一転となる今回の再起戦では「55kgのチャンピオンになるという目標は変わらない。朝久選手はとてもいい選手でほとんど勝っている選手だけど、絶対にこけられないので、絶対に勝ちます」と必勝を誓った。

 そして8・22Krush名古屋大会からスタートしたKrush新階級-53kgでの試合に出場する亀本勇翔は「53kgが出来て、この階級で主役になるという気持ちが出来ました。53kgはより自分の動きが出来ると思います」と新階級での動きに手応え。対戦相手の武居由樹を「績以上に実力がある」と警戒しつつ「53kgは瀧谷渉太選手が中心になっていると多いますが、僕がかき乱す。瀧谷選手の試合以上にデカいインパクトを残す」と53kgの主役獲りを堂々宣言した。

  • 10・4チームドラゴン
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます