ホーム > お知らせ > 9・12「Krush.58」大注目の女子ファイターが揃ってデビュー! KANA「朱里選手よりも自分の方がチャンピオンベルトが似合う」VS平岡琴「1年でチャンピオンになる」

お知らせ

9・12「Krush.58」大注目の女子ファイターが揃ってデビュー! KANA「朱里選手よりも自分の方がチャンピオンベルトが似合う」VS平岡琴「1年でチャンピオンになる」

KANA VS平岡琴

[2015/09/03]

 9月3日(木)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、9月12日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.58」でデビュー戦を迎えるKANAと平岡琴が意気込みを語った。 >>詳細

 Krush女子タイトルマッチを筆頭に、Krushでは最多となる女子3カードがマッチメークされている今大会。この日、3カードに出場する女子6選手の会見が行われ、それぞれ試合に向けての意気込みを語った。

 最初の会見に登場したのは共にこの試合がデビュー戦となる平岡琴とKANA。平岡は空手出身で、現在は尾崎圭司率いるK-1ジムYOKOHAMAで練習を積む25歳、対するKANAはK-1ジムシルバーウルフで練習する23歳で、どちらもK-1チャレンジでキャリアを積み、今大会でプロデビュー戦を迎えた。

 K-1ジムYOKOAHMAのプロ部門チームトルネードの第1号選手となる平岡は「今回がプロデビュー戦でチームトルネードとしてもプロ1号なので、KOで勝っていいスタートを切りたいと思います」と挨拶し「私は1年でチャンピオンになろうと思っているので、朱里選手よりも面白い試合をします」といきなりチャンピオン宣言。

 幼少期から空手を学び「新しい世界で通用するか試してみたかった。もともと蹴り技と回転技が得意だったので尾崎代表のもとで技を極めたいと思った」という平岡は「尾崎代表直伝の蹴り技は負けないと思います。またずっと空手でやってきたので打たれ強さでは負けません」と豪語し、「男子よりも盛り上がる試合をするので注目してください」と堂々と言ってのけた。

 一方のKANAも「今週で追い込みも終わって、疲労もピークですが、これからコンディションを整えていくだけかなと思います。デビュー戦ということで最低でもKO。KO決着になると思います」といきなりデビュー戦でのKO勝利を予告。

 大学まで陸上部に所属し、引退後にシルバーウルフに入門したKANAだが「Krushを観客側から見ていて、朱里選手よりも自分の方がチャンピオンベルトが似合うと思ったから」と格闘技を始めた理由=チャンピオンになるためだと明かし「魔裟斗さんからも『チャンピオンになれよ』と言われたので、チャンピオンになるつもりです」と力強く言い切る。

 さらにKANAは「対戦相手に負けていないところはどこだと思う?」という質問には「全部。平岡選手は蹴り技が得意らしいですが、全然なんでもこいって感じです。とりあえずKOで倒します」とキッパリ。同大会で防衛戦を控える朱里に対しても「朱里選手は絶対“判定”王者という印象です。だから私がそのイメージをガラッと変えたいと思います」と噛みついた。

 KANA、平岡どちらもデビュー前の選手とは思えない雰囲気でタイトルマッチを意識した発言を連発。この2人が今後のKrush女子部門を盛り上げる存在になりそうだ。

  • KANA VS平岡琴
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます