ホーム > お知らせ > 野杁正明が山崎秀晃戦を振り返る!「ここで負けたらプロ初の連敗だった。勝って生き残ることが出来てホッとしています」、来年の名古屋大会でのメイン出場もアピール

お知らせ

野杁正明が山崎秀晃戦を振り返る!「ここで負けたらプロ初の連敗だった。勝って生き残ることが出来てホッとしています」、来年の名古屋大会でのメイン出場もアピール

8・22野杁正明

[2015/08/24]

 8月24日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、8月22日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホール「Krush.57 ~in NAGOYA~」で山崎秀晃に勝利した野杁正明が試合の振り返りと今後の目標を語った。 >>詳細

 試合前から大きな注目を集めた山崎とのスーパーファイトを延長判定で勝利した野杁。会見に同席したKrush宮田充プロデューサーも「最初から最後までずっと緊張感がある試合で、ひと時も目が離せなかった。名古屋のお客さんにKrushのトップの戦いを堪能していただけたと思う」と語るKrushの歴史に残る名勝負から2日経ち、野杁が改めて試合内容と対戦相手の山崎についてコメントした。

「自分のスタイル通りに試合を進められたかなと思います。ただ慎重になりすぎたので、もっと手を出せたと思うし、反省点は色々ありますね。山崎選手はもっとガツガツ来ると思っていたのですが、足を使って距離を取られたのでびっくりしました。攻撃力やファイトスタイルはイメージ通りでした」

 前日会見で生き残りをテーマに掲げていた野杁は、この日も「延長判定だったけど勝って生き残ることが出来てホッとしたことが感想です」と勝利の安堵感を口にする。負けたら終わりの覚悟もあったのか?という質問に対しては「今まで僕は連敗したことがなくて、もし山崎選手に負けたらプロ初の連敗でした。また4月に負けたことで自分のランクが下がったと思うし、ここで負けたらさらに下がることになります。そういう意味で今回は勝って良かったと思います」と答え、絶対に負けが許されない試合だったと振り返った。

 試合後のインタビューでもK-1 WORLD GP-65kg初代王者ゲーオ・フェアテックスへの挑戦をアピールしていた野杁だが「山崎選手に勝ったからというわけじゃないけど、今でもゲーオ選手に挑戦したい想いは強い。山崎選手に勝っていいアピールが出来たと思うので、あとは(ゲーオ戦が)決まってくれたらいいなというだけです」とゲーオ戦への想いは変わらない。

 挑戦者を決める争いにおいてライバルになる木村“フィリップ”ミノルについて聞かれると「ゲーオ選手はチャンピオンで戦いたい選手は色々といると思うし、その中の一人というだけ。別に特別な感情はない」とだけ話している。
 
 いずれにせよ今回の勝利で再浮上のきっかけを掴んだ野杁。会見の最後には来年8月20日(土)名古屋国際会議場イベントホールで5度目の名古屋大会開催(※日時は変更の場合あり)が発表され「来年は僕がメインでやりたい」と2013年の久保優太戦以来、3年ぶりのメインイベンター登場を熱望した。

 なお宮田プロデューサーは敗れた山崎について「試合には敗れてしまいましたが、山崎選手には胸を張って欲しい。これまでKrushでは63kgでやってきて、今回65kgでも試合を行ったことで、これからチームドラゴンさんと山崎選手が何kgに照準を絞るかが気になるところではあります」とコメントしている。

  • 8・22野杁正明
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます