ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」世界最高峰の生き残り戦! 山崎秀晃「見ている人の記憶に残る壮絶な試合にしたい」VS野杁正明「最初から最後まで瞬きせずに見て欲しい」

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」世界最高峰の生き残り戦! 山崎秀晃「見ている人の記憶に残る壮絶な試合にしたい」VS野杁正明「最初から最後まで瞬きせずに見て欲しい」

8・22山崎VS野杁

[2015/08/21]

 8月21日(金)愛知・名古屋の公武堂MACSにて、愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 TOKYO×NAGOYA・5対5マッチの副将戦で実現した65kgの夢のカード=山崎秀晃VS野杁正明。対戦カード発表会見から大きな話題を呼んだ一戦も、いよいよ明日のリングで現実のものとなる。

 計量を無事に終えて記者会見に出席した2人は「計量をパスしてホッとしています。明日はメインを喰う試合をして勝って、スポットライトを浴びたいと思います」(山崎)、「減量がきつくていっぱいいっぱいだったのでパスしてホッとしています。しっかり回復して明日に備えたいと思います」(野杁)と短い言葉で挨拶する。

 これまで世界の強豪を撃破し、65kgで世界トップクラスの実力を持っている山崎と野杁。試合を目前に控えて、対戦相手について多くを語ることはなかったが、野杁が「(山崎は)爆発力もあれば瞬発力もある。しかもKrushの現-63kgチャンピオンなので誰が見ても強い選手」、山崎は「(野杁は)すごい実績と実力を持っている。でも自分のもそれに負けないことをやってきたので最高の何かが生まれると思う」と互いの実力を認め合った。

 その上で自分が勝つイメージについては「早いKOか判定か。どちらも想定している」という野杁に対して、山崎は「いつも通り一発でKOしたい」と明言。「どんなテーマを持ってこの試合に挑むのか?」と聞くと「僕はゲーオ(・フェアテックス)に挑戦することを目標にしていたけど、4月にああいう負け方をしてしまって。今回はKrushでの試合だけど生き残りをかけた試合になると思っています」(野杁)、「テーマは生き残りです」(山崎)と両者とも”生き残り”という言葉を口にした。

 会見の最後、野杁が「明日は試合開始1秒から最後のラウンドの2分59秒まで、まばたきせずに見て欲しい」と言えば、山崎も「野杁選手が言ったように目を離さないで最後まで試合を見ていただきたい。見ている人の記憶に残る壮絶な試合にして、みなさんの記憶に植え付けたい」とファンにメッセージを送った。

 独特の緊張感が漂ったまま記者会見が終わり、会見後の2ショット撮影でも視線を合わすことはなかった山崎と野杁。予測不能のスーパーファイトは果たしてどんな結末を迎えるのか?

  • 8・22山崎VS野杁
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます