ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」倉崎昌史が地元・名古屋でのリベンジに闘志を燃やす! 大岩龍矢、KOでの返り討ちを宣言「明日は大暴れする」

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」倉崎昌史が地元・名古屋でのリベンジに闘志を燃やす! 大岩龍矢、KOでの返り討ちを宣言「明日は大暴れする」

8・22大岩VS倉崎

[2015/08/21]

 8月21日(金)愛知・名古屋の公武堂MACSにて、愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 TOKYO×NAGOYA・5対5マッチの次鋒戦は名古屋出身で現在はチームドラゴンに所属する大岩龍矢と名古屋在住の倉崎昌史による一戦。この2人は1・4「Krush.49」で対戦しており、この時は大岩が判定2‐0で勝利を収めている。

 地元でリベンジマッチのチャンスが巡ってきた倉崎は「こんなに早くリマッチを組んでもらえるとは思っていなかったので、今回はしっかり倒したい。地元で試合すると気合が入るし、周りの方も応援に来やすい。友人や先輩が色々と見に来てくれるので、名古屋の方が気合いが入ります」と挨拶。

 大岩との対戦を振り返り「(大岩は)力が強かった。ラグビーをやっていたということで、それがキックに活かされていると思う。圧力、パンチ、キックすべてが重かった」と話し「前回は圧力で負ける自分がいたので、あれから筋力アップに力を入れてきた。それ以外では攻撃を散らせるような練習をしてきました」と課題を持って練習に取り組んできた。

 対する大岩は「1月に試合をした時(倉崎は)一発があってタフだと感じた。結構パンチを当てた気がするけど倒れてなくて、自分のパンチも弱かったと思う。今回パンチ力を強化してきたので次は倒せると思う」とKOによる返り討ちを宣言。「1月は技のバリエーションがかなり少なくてローかパンチしかなかった。あれから試合を重ねて色んな技を学んだできた。圧力も1月より全然増しているんで、そこを見ておいてください」と1月とは別人だと自信たっぷりに語った。

 また今回はTOKYO勢での5対5マッチ出場となった大岩だが、名古屋出身ということもあって、今回は名古屋での凱旋試合でもある。「自分はもともと名古屋でキックをやっていて、Krush名古屋大会は憧れの舞台で、Krush名古屋に出ることを目標にしてきた」とKrush名古屋が特別な舞台だと打ち明け「名古屋で試合することが決まって気持ちも上がっている」と気持ちも高ぶっている。

 会見の最後に倉崎は「まだ僕のことを知らない方の方が多いと思うけど、バチバチに打ち合ってぶっ倒して、僕のことを知ってもらえたらなと思います」とファンにアピール。大岩はいまやトレードマークとなった鎖を首にかけたまま「明日はチェーンを振り回して大暴れするので、応援よろしくお願いします」と大暴れを誓った。大岩が倉崎を返り討ちにするか? それとも倉崎が地元名古屋でリベンジを果たすか?

  • 8・22大岩VS倉崎
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます