ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」早坂太郎、引退する佐藤嘉洋・石橋真幸に勝利を捧げる! 南野卓幸は大胆不敵にKO宣言「何か一発でも当たれば倒れる」

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」早坂太郎、引退する佐藤嘉洋・石橋真幸に勝利を捧げる! 南野卓幸は大胆不敵にKO宣言「何か一発でも当たれば倒れる」

8・22南野VS早坂

[2015/08/21]

 8月21日(金)愛知・名古屋の公武堂MACSにて、愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 今回で4度目の開催となる名古屋大会。今年もTOKYO×NAGOYA・5対5マッチが行われ、会見には5対5マッチに出場する選手たちが先鋒戦から順に登場し、明日の決戦への意気込みを語った。

 最初に登場したのは先鋒戦で対戦する南野卓幸と早坂太郎だ。2年連続の名古屋大会出場となる早坂は「水抜きで体重を2.5kgくらい落としてやばかったんですけど、計量をパスしてホッとしています。この試合に向けて毎日対戦相手の映像を見て、会長に練習を見てもらって、すごく調子がいいです」と仕上がりの良さをアピール。

 対戦相手の南野が19歳ということで「僕もまだ21歳なんですけど、僕より年下と聞いて『まじかよ!?』と思いました。印象はチャラい、ですね。(選手としては)パンチが速いくらいで、そんなに怖くないです」と話し「今まで自分は蹴りが多かったのですが、最近ではパンチも得意になりました。パンチでも蹴りでも何が当たっても倒せると思います。自分通りの動きをして、自分が戦いたいように戦えば早く終わるのかなと思います」と早期決着も示唆する。

 また今大会では同じ名古屋JKファクトリーの佐藤嘉洋と石橋真幸が引退セレモニーを行うということもあり「佐藤先輩から『これからはお前ら若いやつらの時代だから』と言われたので堂々と戦って勝ちたいと思います。石橋先輩の引退セレモニーがオープニングファイトのあとに行われて、そこで勇気をもらえるし、僕が勝って休憩明けの佐藤先輩の引退セレモニーにつなげたい」とリングを去る先輩たちに勝利を捧げるつもりだ。

 一方、南野も「順調に体重も落ちてくれて、練習も順調に出来ました。早く試合がしたいし、早く倒したいと思っているので、楽しみにしてください」とこちらも仕上がりは上々。「(早坂は)背がデカくてよく蹴ってくる選手で“ムエタイ”という感じです。印象はそのくらいです」と特にインパクトはないと言い切り「前回のKrushでは1Rにダウンを取ったのに倒しきれなかった。今回はチャンスが来ればすぐ畳み掛けに行く。何か一発でも当たれば倒れると思う」とKO決着を予告した。先鋒戦に勝利して5対5マッチに火をつけるのは早坂か? それとも南野か?

  • 8・22南野VS早坂
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます