ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」泰斗「Krush名古屋は僕の舞台。ここまで遠回りしたけど、僕のためのタイトルマッチだと思うので、獲るべくしてベルトを獲ります」

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」泰斗「Krush名古屋は僕の舞台。ここまで遠回りしたけど、僕のためのタイトルマッチだと思うので、獲るべくしてベルトを獲ります」

泰斗

[2015/08/19]

 8月22日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の[Krush -65kgタイトルマッチ/3分3R・延長1R]で王者NOMANと対戦する挑戦者・泰斗のインタビューを公開! >>詳細

――3・14「Krush.52」で眞暢選手に勝利し、今回のタイトルマッチが決まりました。決まった時はどんな心境でしたか?

「試合後にタイトルマッチをアピールして、名古屋でタイトルマッチが出来ないかなと思っていたら、本当にオファーが来たんで『おっしゃ!来た!』と思いましたね」

――泰斗選手としては地元・名古屋でタイトルマッチをやりたいという気持ちがあったのですか?

「やっぱり地元のみんなに試合を見てもらいたいと思っていたし、Krushの名古屋大会では無敗なんで、名古屋でやれたらいいなと思っていました」

――タイトルマッチが決まって周りから、どんな反応がありましたか?

「『絶対頑張ってベルトを獲ってほしい』と言われますね」

――泰斗選手にとっては初めてのタイトルマッチで、記者会見では「遠回りした」というコメントもありました。デビューした頃はもっとすぐチャンピオンになれると思っていましたか?

「はい。もっと早い段階でチャンピオンになれると思っていました。僕はチャンスをもらっているのに、なかなか結果を出せないことがあったので。みんなからも言われます、『ようやくだな』って(苦笑)」

――格闘技を始めた頃は周りにも「俺すぐチャンピオンになるから」と言っていましたか?

「そんな感じですね。むしろ格闘技を始める前から『俺、K-1に出るから見に来て』と言ったり、高校の卒業文集にも『K-1を見に来てください』と書いたり…若くて人生を舐めてましたね(苦笑)」

――泰斗選手はこれまで勝ち負けがあったキャリアですが、色々な強豪選手とも試合をしていますし、自分のキャリアをどう思いますか?

「気づけばもうこんなにやったんだって感じですね。戦績を見ると負けの方が多いんで、戦績を聞かれると答えたくないんですけど…でも戦ってきた選手は弱い相手じゃなかったんで。ただそれで結果を出せなかったことで遠回りしたかなと思います」

――ようやく来たチャンスなので「ここでチャンピオンにならないんでいつなるんだ!?」という気持ちですか?

「僕が獲らなきゃいけない…というか名古屋大会で獲るべくして獲る。今回は僕のためのタイトルマッチだと思うので、絶対にみんなを裏切られないです」

――NOMAN選手にとっては敵地に乗り込む形でのタイトルマッチですが、泰斗選手からすれば自分のための舞台という気持ちですか?

「そうですね。地元でチャンピオンを迎えるってあんまりないので、それは僕に与えられたチャンスだと思うんでそこはしっかり掴んでいきたいですね」

――泰斗選手はずっとKrushで戦ってきてKrushのベルトはどういう目で見てましたか?

「Krushに出始めた頃から『Krushは派手な舞台だな』と思っていて、当時の自分はまだしょぼかったから、こんな強い選手たちと戦っていけるのかな?と思っていました。そういうところから始まって、ようやくこの舞台に立てるようになって…」

――Krushという場所が輝いて見えていましたか?

「それはありますね。最初はK-1を見て、K-1に憧れていたんですけど、今はKrushで戦っているんで『Krushのベルトが欲しい!』という気持ちは特に強いですね」

――初のKrush名古屋大会では、対抗戦に出場したメンバーの中で1番キャリアがないところから始まって、そこからコツコツと積み重ねてきて4年目でタイトルマッチに辿り着きました。初めて名古屋大会に出た時は4年後に自分が地元でタイトルマッチをやると思っていましたか?

「全く思ってなかったですね。最初の名古屋大会で尾崎圭司選手と試合した時は『絶対負ける』と言われていたし(苦笑)、もしタイトルマッチが組まれるにしても東京だろうと思っていました」

――チャンピオンのNOMAN選手にはどんな印象を持っていますか?

「結構、嫌なタイプですね。不器用そうに見えて頭使ってというか…色んなところをついてくるんで。多才で結構武器をいっぱい持っている選手なんで怖いですね。一発もあるんで、かなり警戒はしてます」

――では対策もしっかり練って練習してる状況ですか?

「そうですね。NOMAN選手の映像を見て、相手の弱いところをしっかり見て研究しています。ジムは違うんですけど、大和哲也選手にアドバイスをもらいながら色々とテクニックを教わってます。本当に今までより良い練習が出来ていて、練習でも頭を使って悩んだりという部分では自分自身、成長出来てると思います」

――今大会では山崎秀晃VS野杁正明のスーパーファイトや瀧谷渉太選手の-53kg初戦など、豪華なカードが並んでいます。その中でタイトルマッチが一番面白かったと思われる試合をして、その上でチャンピオンになりたいですか?

「野杁選手も瀧谷選手も過去に名古屋大会のメインをやっていますけど、その2人以上に盛り上げないといけないと思うし、Krush名古屋大会は野杁選手がきっかけで始まったものですけど、Krush名古屋は僕の舞台だと思っています。見ている人たちがどう思っているかは分かりませんが、それは関係なく、僕はいつも通り僕なりに盛り上げます」

――最後に自分がベルトを巻いて、名古屋大会を締めくくるイメージは出来ていますか?

「実は今回、試合の夢を3回くらい見たんですよ。それは全部僕が倒して勝っているんで。だから現実でも僕が倒して勝ってるんじゃないかなと思います。22日は地元名古屋でNOMAN選手を撃破して、夢の扉を開きます!」

≫ Krush.57~in NAGOYA~大会概要
≫ NOMAN 選手データ
≫ 泰斗 選手データ

  • 泰斗 vs 後藤眞暢
  • 泰斗 vs 後藤眞暢
  • 泰斗 vs ユウキ・テイル・旬
  • 泰斗 vs ユウキ・テイル・旬
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます