ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」野杁正明「山崎選手に圧倒的なKOで勝てば『やっぱり野杁は強かった』と思ってもらえる。僕なりの戦い方でしっかり盛り上げたい」

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」野杁正明「山崎選手に圧倒的なKOで勝てば『やっぱり野杁は強かった』と思ってもらえる。僕なりの戦い方でしっかり盛り上げたい」

野杁 正明

[2015/08/18]

 8月22日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の[Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R]で山崎秀晃と対戦する野杁正明のインタビューを公開! >>詳細

――山崎選手と試合が決まった時の心境を聞かせてもらえますか?

「そこか!と思いました。対戦をアピールしていた木村“フィリップ”ミノル選手と試合が決まらなかったら、誰が相手になるかを想像してたんですよ。でも全然頭に思い浮かばなくて…そこで山崎選手の名前が出たので驚きました」

――Krushではチャンピオンの試合はすべてタイトルマッチという規定だったので戦うことはないと思っていましたか?

「はい。山崎選手はKrush-63kgのチャンピオンだし、先日も防衛戦を終えたばかりだったので、Krushでは63kg、K-1では65kgで試合されるものだと思っていました」

――その山崎選手と対戦することになったわけですが、対戦相手としてどんな印象を持っていますか?

「本当に強豪の一人だと思います。K-1ではああいう形に終わりましたが、Krushではしっかり防衛を続けて、海外の強豪からも勝ち続けているので、本当に強い選手だと思います」

――今まで山崎選手のことを意識していた時期はありましたか?

「僕が63kgでやっていた頃はいずれやるのかなと思っていました。でも僕が一度、67kgまで階級を上げたので、その時は試合をするイメージはなかったです」

――山崎選手は今のKrushを象徴する選手ですが、印象に残ってる試合はありますか?

「やっぱり木村選手との試合ですね。結構あの試合は木村選手の方がいけるんじゃないのかな?って思っていたんですけど、でもいざ始まってみたら1Rの決着で、しかも一撃だったじゃないですか。あれは凄く衝撃的でしたね」

――山崎選手はなかなか他に居ないスタイルで独特な戦い方をする選手だと思います。どんな練習をしようと考えてますか?

「自分の戦いが出来るかどうかが、今回のポイントかなと思いますね。やっぱり普通の選手と違った間合いや独特なリズムがあるので。タイ人と試合する時、タイ人のリズムに乗ると負けるって言うじゃないですか。今回はそれに近い形かなと思いますね。向こうのペースや間合いに付き合っちゃうとガーッとくるんで、そこをどう崩すかがポイントかなと思いますね」

――今まで野杁選手も色んなタイプの選手と戦ってきましたが、攻略法などイメージされてますか?

「これから試合映像など見て、どんどん攻略を立てていこうかと思ってるんですけど…今の時点ではそんなあまり意識してないですね」

――野杁選手もそうだと思いますし、ファンのみなさんもこのカードを聞いて驚いたと思います。そういったカードを出来るというのは選手としても嬉しいことですよね?

「対戦相手が決まっても全然盛り上がらないカードも中にはあるじゃないですか。それよりは対戦相手が決まってSNS等などで盛り上がってくれれば、会場まで観に行きたいというファンの方たちも増えるし、そういった意味で僕は凄く嬉しいですね」

――それと同時にやる側としては勝敗が大きなシビアな一戦でもあると思います。65kgは日本人の選手がたくさんいる中で、一つの勝ち負けは生き残りをかけたものになると思うのですが、そういった意識はありますか?

「僕は4月に新しいK-1に初参戦して、デカい言葉を口にして『怪物がK-1にやってきた』みたいな感じで出てきたのに、結果的にああいう負け方をして。特に僕はゲーオ・フェアテックスに挑戦するつもりでいるので、そういった面でも負けは一つも出来ないですし、負けられないなと思います」

――勝って当然だと思われる相手と戦うよりも、強豪選手と戦って勝ってアピール出来る試合の方がやりがいがありますか?

「そうですね。特に山崎選手は木村選手にも勝ってますし、現時点で63kgのベルトも持っている。厳しい試合にはなると思うんですけど、僕が圧倒的なKOで勝てばお客さんに『あーやっぱり野杁は強かったな』って思ってもらえると思うので、そういった面では僕にとっては好都合な対戦相手かなと思いますね」

――巡り巡って非常に良いシチュエーションで復活のチャンスがやってきたと思いますか?

「はい。むしろ前回負けてストーリーが出来たかなっていう。ここで僕が勝って、その先はどうなるか分からないですけど、良いストーリーが出来るかなと思いますね」

――山崎選手は「この試合だけで会場を満員にしたい」と言ってましたが、野杁選手も同じ気持ちですか?

「そうなるんじゃないですかね。泰斗君とはプライベートでも仲良いんであれですけど(笑)、あのカード(NOMANVS泰斗)よりこっちのカードの方が盛り上がると思います。お客さんもこっちのカードの方が見たいと思うんで。そういった面でもインパクトもあると思いますし、楽しみにしておいて欲しいですね」

――この夏、いろんな試合がありますが、1番盛り上がる試合になるという自信はありますか?

「本当はバチバチいったほうが盛り上がると思うですけど、僕は基本的にあまり殴り合うとかバチバチにいくタイプじゃないので。僕なりの戦い方で、山崎選手という強い選手と戦って、しっかり盛り上げたいなと思いますね」

――あくまでのKrushとしてのスーパーファイトですが、ここで勝って11月のK-1でゲーオ選手の初防衛戦の相手に名乗り出たいという気持ちは変わらないですか?

「そうですね。僕はゲーオ選手がK-1で優勝する前から、ゲーオ選手とやりたいと思ってましたし、K-1のベルトが新しく出来てから、ずっとK-1のベルトが欲しいと思っていました。それに一回やった選手がまたゲーオ選手とやっても、見てる人は面白くないと思うんですよね。だったら4月に対戦が決まっていたのに試合が流れて、僕とゲーオ選手の試合は見ることが出来なかったわけだから、そういう意味でも僕がゲーオ選手の初防衛戦の相手に相応しいんじゃないかなと思います」

≫ Krush.57~in NAGOYA~大会概要
≫ 山崎 秀晃 選手データ
≫ 野杁 正明 選手データ

  • 野杁正明 vs イリアス・ブライド
  • 野杁正明 vs イリアス・ブライド
  • 野杁正明 vs イリアス・ブライド
  • 野杁正明 vs 緒方惇
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます