ホーム > お知らせ > 10・4「Krush.59」-70kg王座をかけた決着戦!王者・中島弘貴「最高の自分を作って防衛する」VS挑戦者・山内佑太郎「自分のすべてを出してベルトを巻く」

お知らせ

10・4「Krush.59」-70kg王座をかけた決着戦!王者・中島弘貴「最高の自分を作って防衛する」VS挑戦者・山内佑太郎「自分のすべてを出してベルトを巻く」

10・4中島VS山内

[2015/08/17]

 8月17日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、10月4日(日)東京・後楽園ホール「Krush.59」の[Krush -70kgタイトルマッチ] で対戦する王者・中島弘貴と挑戦者・山内佑太郎がタイトルマッチへの意気込みを語った。 >>詳細

 8・14「Krush.56」で小鉄との次期挑戦者決定戦を制し、王者・中島への挑戦権を勝ち取った山内。中島と山内は過去に2度の対戦経験があり、結果は1勝1敗のイーブン。3度目の対戦はKrush-70kgのベルトをかけての決着戦となる。

 中島との一戦が決まった山内は「挑戦者決定戦で何とか勝利させてもらって挑戦権を得ました。前日会見でも言ったんですが、タイトルに絡む試合は4回目なので、もうタイトルに対する思いはたくさん話させてもらいました。ここで多くを語ると重みがなくなるので、今言えるのは僕が一番欲しいのはKrushのベルトというだけですね。今回そのチャンスを得たので山内佑太郎のすべてを出せれば、ベルトを巻くことが出来るんじゃないかなと思っています」と挨拶。

 2013年3月の対戦で中島をKOしている山内だが「僕もたくさん負けを経験しているから分かるけど、負けた相手と戦う時はモチベーションが上がるし、普段は出ない力も出る。中島選手は2年前より間違いなく強くなっていると思うし、チャンピオンにもなって色んな修羅場もくぐっているので2年間とは別人だと思っています」と王者になった中島の強さを警戒する。

 そして小鉄との挑戦者決定戦を「鹿児島合宿の成果を出せればいいなと思ったけど、100%のうち10~20%しか出せなかった」と振り返り「タイトルマッチまであと1カ月ちょとあるので、しっかり調整してタイトル戦ではもっともっと成果を出せるようにと思っています」と続けた。

 一方、初防衛戦の相手が山内に決まり「初防衛が決まったんですけど、このベルトはようやく獲ったベルトだし、誰にも渡しくないです。試合までに心・技・体を揃えて、最高の自分を作って防衛したいと思います」と中島。

 山内と小鉄の挑戦者決定戦を見て「山内選手は上手いしテクニックもあって、誰が相手でも熱い試合をするなと思って見ていました。3回やる相手はなかなかいないし、山内さんと決まってさらに気合いが入った感じです」と山内との決着戦に気持ちを高まったようで、「昔から山内選手は上手いと思っていて、ベテランの怖さもあって、試合で何をやってくるかっていう怖さがある」と山内のキャリアとテクニックに警戒しつつ「自分のベストに持って行けば勝てると思うので何が何でもベルトを守ります」と初防衛を誓った。

 会見の最後「リングの上では恨みっこなしでド突き合いまくる。KOならKOでもいいし、判定なら判定でもいい。お互い全力を尽くしてどちらか一人が立っているという試合になればいいと思います」と語った挑戦者・山内に対し、王者・中島「力の差を見せつけて圧倒して、Krush-70kgのチャンピオンは俺だというところを見せたい」とキッパリ。Krush‐70kg最高の舞台で決まった決着戦を制してベルトを巻くのは中島か? それとも山内か?

  • 10・4中島VS山内
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます