ホーム > お知らせ > レオナ・ぺタス、山本真弘撃破で次なる標的は卜部弘嵩だ!「もしチャンピオンが変わっても弘嵩選手と戦いたい」

お知らせ

レオナ・ぺタス、山本真弘撃破で次なる標的は卜部弘嵩だ!「もしチャンピオンが変わっても弘嵩選手と戦いたい」

8・14レオナ

[2015/08/17]

 8月17日(月)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて記者会見が行われ、8月14日(土)東京・後楽園ホール「Krush.56」で山本真弘に勝利したレオナ・ぺタスが試合の振り返りと今後の目標を語った。 >>詳細

 8・14「Krush.56」では60kgのトップファイター真弘を相手に完勝と言ってもいい試合運びで判定勝利を収めたレオナ。戦前のインタビューでもサウスポー対策を入念に練ってきたことを明かしていたが、改めて「実際にやってみて(サウスポーは)得意だなと思いました。右(オーソドックス)より左(サウスポー)との距離感の方が掴みやすかったです。(戦略としては)右のミドルを蹴りたかったので、リードジャブを使わないと蹴れないと思いました。それでジャブを突いて距離が遠くなったら前蹴り、いい感じだったらミドルを蹴る。それが良かったと思います」と作戦通りの試合だったと振り返る。

 また「事前にたくさん真弘選手の映像を見たんですけど、もっとラッシュをかけてくると思っていて、ずっと来なかったので『あれ?』と思ったのはありました。真弘選手も言っていたように、どんな選手でもパンチをもらったら倒れるのでそれには気をつけていました。あとは(セコンドから)『二発以上打たせるな。二発以上打たせると相手は調子に乗ってくる』と言われていて、そこも意識しながら戦っていました」と真弘の連打を封じたことも勝利につながったと話した。

 この日の会見にはスーツ着用で出席したレオナは「14日の試合が終わって会見までホッとしていたんですけど、会見に来たら気が引き締まって、次の試合のことを考えてしまい心臓がバクバクしています」と早くも次の試合を見据えて緊張気味。次の対戦相手については「欲を言えばチャンピオン(卜部弘嵩)とやりたいですね。でも他にも強い選手はたくさんいるので、自分が強いと思う選手とはいくらでもやりたいと思います」とタイトル挑戦も含めて、強豪との対戦を希望した。

 会見に同席したKrush宮田充プロデューサーはレオナの次戦について言及。タイトル挑戦になるかどうかについては、9・12「Krush.58」で行われるKrush-60kgタイトルマッチの結果とチャンピオンのスケジュール次第としつつ「現時点で60kgのタイトルマッチに相応しところまで来たと思う」と続ける。

 これを受けてレオナは改めて弘嵩との対戦をアピール。「弘嵩選手のことを意識し始めたのは島野(浩太郎)選手や闘士選手が(K-1で)戦ったくらいから」というレオナは「もし9月のタイトルマッチでチャンピオンが変わっても僕は弘嵩選手とやりたい。ずっと強いと思っていたし、やりたいと思っているので」とタイトルがかかっている・いないに関わらず弘嵩との対戦を熱望した。

「今回の試合は真弘選手も言っていたみたいに挑戦者を決めるような試合で、勝ちに徹してリスクを意識するような試合をしたけど、これからはリスクを背負ってKOを狙っていきたい」と結果だけでなく内容にもこだわりたいと話したレオナ。激戦区60kgでどんなインパクトを残せるか?

  • 8・14レオナ
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます