ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」山崎秀晃「野杁選手とだったら最高の技術で最高の試合を見せられる。胸を借りるつもりも負けるつもりもないし、全力で倒しに行く」

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」山崎秀晃「野杁選手とだったら最高の技術で最高の試合を見せられる。胸を借りるつもりも負けるつもりもないし、全力で倒しに行く」

山崎 秀晃

[2015/08/17]

 8月22日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の[Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R]で野杁正明と対戦する山崎秀晃のインタビューを公開! >>詳細

――当初予定していた海外遠征が延期になり、今大会への出場が決まる形となりました。6・12「Krush.55」で復帰を果たして、どんどん試合をしていきたいと思っていたのですか?

「これまでKrushではチャンピオンの試合はすべてタイトルマッチという規定でしたが、タイトルを持っていない階級であればスーパーファイトで試合が出来るということになって、それで今回は65kgの試合に挑戦させてもらうことになりました。もちろんKrushで2階級制覇も狙っていますし、K-1で負けているゲーオ・フェアテックスを倒さないことには気持ちもすっきりしないので、そういう意味で65kgの試合をやっていきたいと思っています」

――今回の野杁正明戦は今までの規定であれば実現しなかった試合です。モチベーションは上がりましたか?

「そうですね。今回は野杁選手の相手がいなくて、僕を抜擢していただいて、階級を超えた試合で名古屋大会を盛り上げようということでのオファーだったと思うんですけど、階級やベルトの垣根を越えた熱い試合になると思います」

――対戦相手の野杁選手にはどんな印象を持っていますか?

「彼の実力はみなさんご存知だと思うので、厳しい戦いになると思います。でも自分に自信がないわけじゃないし、野杁正明という選手を超えて、強い選手を超えていかないと自分のステップアップにはなりません。逆にここで負けているようじゃ、自分もまだまだそのレベルということですし。もちろん負けるつもりはないんで、全力で倒しに行きます」

――やはりどんどん国内外の強豪と戦っていきたいですか?

「チャンピオンである以上、強豪に勝つことでベルトの価値が上がるし、今回は実現はしませんでしたが、また海外からもオファーが来ると思います。僕としては最終目標にゲーオがいるので、必ずゲーオにはやり返します」

――会見でもお話されていましたが野杁選手のことは一目置いている存在なのですか?

「試合に関してや見ている人たちには関係ないことですけど、彼は人間的にもしっかりしているし、僕もいつか彼とは戦うだろうなと思っていましたが、会場で会えばスポーツマンとして挨拶もしてくれます。低能な罵り合いをするのではなく、彼とだったら最高の注目度の中、試合で最高に盛り上げられると思います」

――野杁正明という相手だったら、純粋な戦いや試合だけで見ている人たちを魅了できる自信がある、と。

「今回は本当に最高の試合を見せられるんじゃないかと思いますね。全然、胸を借りるとかではないんですけど、彼の実力も知ってますし、僕が自分の最高の力を出せば、自ずと最高の試合になると思ってます。お客さんもしっかり満足してくれるような試合になるんじゃないですかね」

――会見の時にも「お互いに高いレベルところで攻防する」と言われていましたが、この2人は次元が違うという試合にしたいですか?

「そうですね。僕らの試合はKrushの名古屋大会で決まりましたけど、他の試合や大会と比べても『レベルが違うな!』という試合にしたいし、そうなると思います」

――野杁選手はこのカードだけで会場が超満員になると思うと話していました。山崎選手も同じ気持ちですか?

「本当にこの試合で超満員にして、他の試合が必要ないくらいに注目してもらいたいです。同じ日に65kgのタイトルマッチもありますけど、僕はこの試合(山崎VS野杁)がメインイベントでいいんじゃないかなと思います。最後は『メインのタイトルマッチが気の毒やな』と思わせるぐらいの試合を見せてやりますよ」

――純粋に対戦相手としての野杁正明というファイターをどう見ていますか?

「自分が持ってる印象としては体幹が強くてブレない。相手の攻撃に対しても怯まない。パンチから蹴りのコンビネーションもすごいし、パンチでも蹴りでもしっかり相手を仕留める攻撃力を持った選手だと思います

――野杁選手がKOで負ける場面は今までほとんどなかったですが、そういう相手を倒したいと思いますか?

「やっぱりKrushという名前の舞台でやる以上はそういう試合を見せないと、お客さんも満足しないと思います。Krushは本当にお客さんのレベルも高くて目も肥えてると思うので、平凡な試合では満足してもらえないと思っています」

――見ている側としては非常に楽しみなカードですが、やる側としてはそれだけ勝ち負けが重い勝負になると思います。この試合にかける気持ちは強いですか?

「もちろん。僕は一切、負ける気はないし、勝って次のステップに進むつもりです。野杁選手の実力はみんな知ってると思うので、自分の中ではその野杁選手を倒して次のステップに進むというストーリーがあります」

――6月に復帰してタイトルを防衛して、海外遠征の話や65kgでのスーパーファイトなど、これから自分の可能性が広がっていくんじゃないかという気持ちはありますか?

「そうですね。先のことは先のことなんですけど、自分の幅としては色々と広がればいいなと思いますね。でもまずは目の前の野杁正明をしっかりクリアすることが1番大事だと思うんで。今後の格闘技人生の中においてもね、本当にターニングポイントになるんじゃないかなと思いますね」

――この試合をクリアしたら、自分が中心になれるという気持ちになりませんか?

「もうそれは常に思ってますよ。そうじゃなかったら、意味ないですからね。勝ち続けないと山崎秀晃っていう価値はないと思うし、負け越したり、負けに慣れちゃう選手になるようでは、トップで戦う意味もないと思っています」

――2人で65kgの最先端の試合を見せたいですか?

「そうですね。舞台はKrushですけど、K-1に出場している選手たちにも見せつける試合をしたいと思ってますし、お互いが最高の技術を持って最高の試合をして、まずはお客さんを魅了する。その上でしっかり勝利して次に繋げないといけない試合ですね」

――ある意味、タイトルマッチ以上に価値のある試合になりそうですね。

「もちろん。同じ日のタイトルマッチを食ってやるぐらいの、俺らがメインやってもいいんじゃないかぐらいの注目度に出来ればいいかなと思ってます。とにかく会場を盛り上げますよ」

  • 山崎秀晃 vs ジョアン・カナベラル
  • 山崎秀晃 vs ジョアン・カナベラル
  • 山崎秀晃 vs ジョアン・カナベラル
  • 山崎秀晃 vs モハメド・ブールフ
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます