ホーム > お知らせ > 8・14「Krush.56」第4代-55kg王者は誰だ!? 堀尾「全力で獲りに行く」VS戸邊「集大成としてベルトを獲る」、匠「55kgを自分の色に染める」VS結城「最低限ベルトは獲る」

お知らせ

8・14「Krush.56」第4代-55kg王者は誰だ!? 堀尾「全力で獲りに行く」VS戸邊「集大成としてベルトを獲る」、匠「55kgを自分の色に染める」VS結城「最低限ベルトは獲る」

8・14-55kg王座決定トーナメント

[2015/08/13]

 8月13日(木)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.56」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 いよいよ明日、準決勝・決勝を迎える第4代Krush-55kg王座決定トーナメント。6・12「Krush.55」での1回戦を突破した堀尾竜司、戸邊隆馬、匠、結城将人は4選手とも最初の計量でリミットをクリアし、王者に与えられるベルトと共に会見に出席した。

 トーナメントの優勝候補に目されているのが、他の3選手に勝った実績を残す堀尾。会見でも「今回も減量は辛くなくて元気いっぱいです。ついにこの時が来たかという感じでワクワクしています」と明日が待ちきれない様子で「試合と同じ体重で練習をやってこれたので、一番仕上がりが良いのは間違いなく僕です」と仕上がりにも絶対の自信がある。

 さらに「この1年ちょっと強豪と戦って、ベルトを見据えてやってきた。今更ベルトに対して何かを言うことはないけど、ベルトを獲るために全力で勝ちに行く」と王座奪取を誓った。

 準決勝で堀尾と対戦する戸邊も「集大成に相応しい過去最高の仕上がりが出来た」と自信たっぷり。他の3選手を見て感じるものはあったか?という質問に対して「僕にオーラを感じて欲しい」と言ってのけると「自分を信じる気持ちで突き進む。僕はKrushでたくさん試合をして勝ったり負けたり、色んな経験をしたけど、それをベルトという形で証明する」とトーナメント優勝への強い意志を語った。

 初代王座決定トーナメント、そして2度のタイトルマッチを経験している匠は「もう明日やるだけです」と決意の挨拶。公開練習では人生の半分を一緒に過ごしたという梶原龍児のもとを訪れ「昨日も連絡を取って、色んなことをサポートしてもらっている」という。

 また匠はKrushオフィシャルサイトの取材で初代&第2代王者・瀧谷渉太が「匠選手にベルトを獲って欲しい」と語っていたことにも触れ「僕は55kgのベルトに絡む試合を3回やって、いつも瀧谷君に勝てなかった。55kgは僕と瀧谷君が争ってきたベルトで、その瀧谷君が53kgに階級を落とすことになって、瀧谷君が53kgを盛り上げると思うから、僕が55kgのベルトを獲って自分の色に染める。このベルトは僕が家に持って帰ります」とベルトへの想いを語った。

 その匠と対戦する結城は「とりあえず計量を終えてホッとしています。1日2試合を勝つために必要なものは気持ちですかね。他の選手から感じるものはないっす」と多くを語らなかったが「自分はKrushでデビューしているので最低限Krushのベルトは獲る」と初めて迎えた王座獲得のチャンスに闘志を燃やした。

 会見の最後に4人はそれぞれファンに向けてメッセージを送った。

結城将人
「明日は2試合とも倒して、しっかりベルトを巻きます。楽しみにしてください」


「明日は絶対にベルトを獲ります」

戸邊隆馬
「明日はお盆で忙しい中たくさんの方が見に来てくれます。僕の集大成としてベルトを獲ります。また明日はシルバーウルフから4人出るので、全員で勝って僕がシルバーウルフにベルトを持って帰ります」

堀尾竜司
「明日はベルトを獲るために勝つための試合をしようと思います。ただ僕が立つリングがKrushのリングで、見に来る人や結果を楽しみにしている人が期待しているものがKrushだということを忘れず、一歩も退かない試合をしたいと思います」

 最後にベルトを巻いているのは一体誰だ!?

  • 8・14-55kg王座決定トーナメント
  • 8・14-55kg王座決定トーナメント02
  • 8・14-55kg王座決定トーナメント03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます