ホーム > お知らせ > 8・14「Krush.56」レオナ・ぺタス、サウスポー対策は万全「バチバチに打ち合えるように仕上げてきた」、山本真弘「この試合に勝った方がタイトル挑戦に近づく」

お知らせ

8・14「Krush.56」レオナ・ぺタス、サウスポー対策は万全「バチバチに打ち合えるように仕上げてきた」、山本真弘「この試合に勝った方がタイトル挑戦に近づく」

8・14真弘VSレオナ

[2015/08/13]

 8月13日(木)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.56」の前日計量・記者会見が行われた。 >>詳細

 スーパーファイト[Krush -60kg Fight/3分3R延長1R]で初対戦を迎える山本真弘とレオナ・ぺタスは真弘が59.7kg、レオナが60.0kgのリミットちょうどで計量をパスした。

 長らく国内60kgのトップを走り続ける真弘に挑むレオナは「計量が終わってちょっとリラックス出来ています」と時折笑顔を見せる一方「明日は倒しに行って、面白く、熱く行きたいと思います」と熱闘を予告。

 改めて「真弘選手は体力があって速くて手数が多くて、とてもとても強い。自分の4倍以上の戦績(※レオナ=14戦、真弘=66戦)なので、一瞬でも油断したら倒されると思うので、気を引き締めて戦いたい」と真弘の実力を認めた上で、試合決定から入念に真弘対策を練ってきた。

 特にサウスポー対策は万全で「プロでサウスポーと試合するのは初めてですが、ずっとサウスポーの選手とばかりやってきて、今はサウスポーの方が得意かなと思います。試合が決まってから準備期間があったので、バチバチに打ち合えるように仕上げてきました。明日は打ち合いも出来ると思います」と真弘との打ち合いも望むところだ。

 対する真弘は明日の大会でKrushを主催するグッドルーザーが設立6周年ということを聞き「まずはグッドルーザー設立6周年おめでごとうざいます。6周年に花を添えるべくいいパフォーマンスをして、会場に来た人たちに満足していただけるような試合をしたいと思います」とベテランらしい挨拶。

 レオナの印象を聞かれると「背が高くて若くてイケメンだと思います(笑)。リングでは僕が敵になると思うので頑張ります」と冗談を交えながら話す。

 真弘にとっては5・4「Krush.54」での神戸翔太戦に続いて、新世代ファイターの挑戦を受ける形となったが「まだまだ自分では若いと思っているので、自分よりも若い選手が来たというだけ」と世代は関係ないと言い切った。

 来月12日の「Krush.58」ではKrush-60kg王者・卜部弘嵩の2度目の防衛戦が決まっており、9月以降、真弘VSレオナの勝者がタイトル戦線に絡んでくることは間違いない。

 レオナが「明日の試合に勝たないことにはベルトが遠ざかる。まずは明日に集中して、明日の試合に勝ってからタイトルマッチに集中したいと思います。夢のKrushのベルトを巻くのに、山本選手に邪魔されないようにきっちり勝ってアピールします」と鼻息荒く語れば、真弘も「今の60kgで卜部選手とやれるのはこの2人(真弘、レオナ)くらいしかいないと思うので、この試合に勝った方が挑戦に近づく。いい勝ち方をしてタイトルにつなげたい」とレオナ撃破の先にタイトル挑戦を見据えた。

 熾烈な生き残りマッチが続く激戦区60kgで未来につながる勝利を掴むのはどっちだ!?

  • 8・14真弘VSレオナ
  • 8・14真弘VSレオナ02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます