ホーム > お知らせ > 8・14「Krush.56」山内佑太郎「この年齢になっても強くなるきっかけを知ることが出来てワクワクしている。今はKrushのチャンピオンを目指す立場でいることが新鮮で楽しい」

お知らせ

8・14「Krush.56」山内佑太郎「この年齢になっても強くなるきっかけを知ることが出来てワクワクしている。今はKrushのチャンピオンを目指す立場でいることが新鮮で楽しい」

山内 佑太郎

[2015/08/05]

 8月14日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.56」のスーパーファイト[Krush -70kg次期挑戦者決定戦/3分3R・延長1R]で小鉄と対戦する山内佑太郎のインタビューを公開! >>詳細

――1・4「Krush.50」の第3代Krush-70kg王座決定トーナメント準決勝では山崎陽一選手にKO負けという結果でしたが、あの敗戦は山内選手にとってどんな試合でしたか?

「豪快に倒されちゃったんで、何回か試合映像は見たんですけど…あんまり覚えてないです。僕はスタイル的にリーチがあるので距離を取って戦うべきなんですが、先に山崎選手に倒されたあと、すぐに自分が倒し返して。それで山崎選手の距離で打ち合う展開になって、壮絶にKOされてしまいましたね(苦笑)。だから最後は自分の戦いではなかったのかな、と。でもあの試合はあの試合で、という感じで捉えています」

――試合前のインタビューや会見では「山崎選手と戦うのが楽しみ」とお話されていましたが、実際に戦ってみていかがでしたか?

「本当に戦っていて楽しかったし、山崎選手のように一発がある怖い選手と戦って、自分を成長させられることが出来たと思います。あの日は一晩寝て、次の日には『もっと強くなりたい』『もっと練習したい』と思っていました」

――山内選手は年齢も37歳・キャリアもある選手なので、一つの負けで進退を考えることもあると思います。

「でも僕は『これで辞めたい』や『もうダメだ』と思うよりも『もっと強くなりたい』という気持ちが先に来ましたね」

――6月1日から3日間、7月のK-1に参戦した後輩の牧平圭太選手と共に鹿児島で合宿を行ったそうですね。

「僕は格闘家や選手はみんな尊敬していて、僕が一番尊敬している格闘家がHALEO TOP TEAMの三崎和雄さんです。その三崎さんから『山内に会わたい人がいる』と言われて、牧平と一緒に新保智さん(新極真会・第7回世界大会3位などの実績を残す)の道場で合宿させていただきました。トレーニングも本当にきつかったんですけど、新保さんは僕が思うカッコいいという理想に近い方で、本当に行ってよかったと思える合宿でした」

――牧平選手も「26年間生きてきて一番濃い3日間」と言っていましたが、山内選手はいかがでしたか?

「僕と牧平は年齢もキャリアも違うので、感じるものは違うと思うのですが、まだまだこの年齢で強くなれることが分かったし『俺、また強くなっちゃったかも』と思えることもありました。強くなるきっかけを知ることが出来てワクワクしますね」

――また牧平選手はK-1 WORLD GP-70kg初代王座決定トーナメントで日本人として唯一の準決勝進出を果たしました。牧平選手の活躍は刺激になりましたか?

「はい。牧平は本来一階級下なのに、一回戦でディラン・サルバドールという世界の強豪に勝って、準決勝では優勝したマラット・グレゴリアンに果敢に挑んで。後輩ですけどあいつの頑張りを見て刺激を受けました」

――そして今大会では第3代王者・中島弘貴選手への挑戦をかけて小鉄選手と対戦することが決まりました。最初にオファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「またチャンスをいただけるんだなと思って、ありがたかったですね。気持ち的には『よし!やってやろう!』と思いました」

――小鉄選手にはどんな印象を持っていますか?

「最近KOが続いていて勢いに乗りかけているところだと思います。向こうとしては僕みたいなロートルを倒してタイトルマッチまで行きたいと思っているでしょうね」

――山内選手はKrush参戦以降、なかなかタイトルが獲れない状況が続いています。

「今回でタイトルに絡むのは4回目です。これまでのキャリアを振り返ると、僕は運もあるのですが、デビュー6戦目で全日本ウェルター級チャンピオンになって、それから全日本スーパーウェルター級、WBCムエタイ日本スーパーウェルター級と、タイミングよくずっとチャンピオンでい続けられたんですよね」

――キャリアの大半をチャンピオンという肩書と共に過ごしてきた、と。

「ベルトを守ってチャンピオンでい続けることはすごく大変でした。そしていざチャンピオンという肩書を失って、Krushのチャンピオンを目指す立場になると、それが新鮮で楽しいんですよね。だから試合に負けても『よし!頑張ろう!』という気持ちになれるし、このキャリアで挑戦する立場にいることが格闘技を長く続けている要因かもしれません」

――なるほど。今はデビュー当初の選手のように純粋にベルトが欲しいですか?

「そうですね。それに僕のことを応援してくれる人もたくさんいて、僕はそういう人たちを喜ばせたい。そこでみんなを一番喜ばせられるのが何かと言ったらベルトを獲ることだし、僕が今一番欲しいものはKrushのベルトです」

――ずばり今回の試合でどんなものを見せたいと思いますか?

「鹿児島合宿でこの年齢でも強くなれる実感があったし、それを次の試合で出したいと思います。全力で頑張りたいと思います!」

≫ Krush.56大会概要
≫ 山内 佑太郎 選手データ
≫ 小鉄 選手データ

  • 山内佑太郎 vs 山崎陽一
  • 山内佑太郎 vs K-Jee
  • 山内佑太郎 vs K-Jee
  • 山内佑太郎 vs 中島弘貴
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます