ホーム > お知らせ > 8・14「Krush.56」戸邊隆馬が王座奪取を高らかに宣言!「このタイミングの王座決定トーナメントは自分のためにあるんじゃないかってくらい自信があります」

お知らせ

8・14「Krush.56」戸邊隆馬が王座奪取を高らかに宣言!「このタイミングの王座決定トーナメントは自分のためにあるんじゃないかってくらい自信があります」

8・14戸邊隆馬公開練習

[2015/07/29]

 7月29日(水)東京・三軒茶屋のK-1ジム シルバーウルフにて、8月14日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.56」の第4代Krush -55kg王座決定トーナメント・準決勝で堀尾竜司と対戦する戸邊隆馬が公開練習を行った。 >>詳細

 トーナメント1回戦では隆聖を終始圧倒し、最後はハイキック一発で沈めた戸邊。「仕上がりは最高です。前回の試合前も過去最高と言ったんですけど、それ以上に今回が最高でベストだと思います」と語る通り、公開練習では大宮司進トレーナーを相手にスピーディなパンチのコンビネーションを次々と繰り出し、ジム内に快音を轟かせた。

 戸邊曰く好調の要因は「今までやってきたことや経験を活かせているじゃないけど、自分の良いところと悪いところを活かしてトレーニングに臨めているから」。快勝に見えた隆聖との一戦からも「攻撃的には全身を効かせることが出来て、色々な攻撃を出せたけど、もっと早く倒せたんじゃないかという反省があった」と反省点を抽出し「その反省を活かして8月の試合につなげようと思って練習してきました。僕は一試合一試合成長したいと思っているので、ちゃんと考えて練習が出来ています。理想はどの攻撃でも効かせることが出来て、一発強い攻撃を出すこと。今はどんな技でも倒せるように練習しています」と慢心することなく己を磨いてきた。

 また戸邊にとって準決勝で対戦する堀尾が自分を燃えさせる材料になっている。今年1月のK-1代々木大会で堀尾にダウンを奪われて敗れている戸邊は、この敗戦が自分にとってターニングポイントになったと振り返る。

「1月に堀尾選手と戦った時は試合に対する気持ちの部分で、プロとしてダメだなと思う部分がありました。だから堀尾選手に負けて、試合に対する気持ちだったりモチベーションだったり、そこで自分を見つめ直して、自分の良い面と悪い面、自分に合っている・合っていないトレーニングを発見できました。1月に堀尾選手に負けて成長できたということを感じているし、あの敗戦があったから今があると思っています。だから次の相手が堀尾選手というのは余計にモチベーションが上がります」

 1月の自分と今の自分は「別人くらい違う」と言い切る戸邊は「堀尾選手はスタミナや手数が優れている選手だと思うけど、逆に僕もそこで負ける気はしない。次の試合でどっちが強いのかを見せたい」とキッパリ。決勝では匠VS結城将人の勝者とベルトを争うことになるが「どちらとも戦いたいという気持ちですね。去年、匠選手勝った時は判定2-0だったので、もっと差をつけるような試合をしたいし、結城選手とは対戦経験がないですが、アグレッシブな選手なので打ち合ってみたい気持ちもあります」と不安よりも楽しみが勝っているようだ。

 戸邊にとって今回のトーナメントは昨年5月に当時王者だった瀧谷渉太に挑んで以来、2度目の王座戴冠のチャンス。「トレーニング環境や練習内容、考え方も少しずつ変わってきて、自分でも去年より確実に成長は出来ていると思えている。このタイミングは自分のためにあるんじゃないかっていうくらい自信があります」と王座獲りに絶対の自信を持っている。

 2012年からKrushを主戦場に戦い「結果を残せたり残せなかったりしましたが、Krushのベルトを獲るという目標は必ず通過したい。KrushのチャンピオンになってK-1だったり、世界と強豪と戦っていきたい」と語る戸邊。最後に「8月14日に僕の集大成、格闘家として、人間としての戸邊隆馬を見て欲しい。そしてシルバーウルフに初めてKrushのベルトを持ち帰ります」と王座奪取を誓った。

≫ Krush.56大会概要
≫ 堀尾 竜司 選手データ
≫ 戸邊 隆馬 選手データ

  • 8・14戸邊隆馬公開練習02
  • 8・14戸邊隆馬公開練習
  • 8・14戸邊隆馬公開練習03
  • 8・14戸邊隆馬公開練習04
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます