ホーム > お知らせ > 8・14「Krush.56」結城将人、第4代-55kg王座決定トーナメントを制するのは俺だ!「年齢も年齢なんでそろそろベルトが欲しい。このチャンスは逃さない」

お知らせ

8・14「Krush.56」結城将人、第4代-55kg王座決定トーナメントを制するのは俺だ!「年齢も年齢なんでそろそろベルトが欲しい。このチャンスは逃さない」

8・14結城公開練習01

[2015/07/27]

 7月27日(月)東京・チャモアペットムエタイアカデミーにて、8月14日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.56」の第4代Krush -55kg王座決定トーナメント・準決勝で匠と対戦する結城将人が公開練習を行った。 >>詳細

 トーナメント1回戦では貴章に逆転勝利し、準決勝に駒を進めた結城。公開練習ではシャドーボクシングとミット打ちを3分1Rずつ公開した。ミット打ちでは持ち前の強打だけでなく重厚なミドルキックも繰り出し、なんとヒジ打ちや首相撲からのヒザ蹴りも見せる。

 これらの攻撃はKrushで反則となるものだが結城曰く「普段の練習でも気にせずムエタイの練習をやっている」。現役時代にムエタイ9冠王として“ムエタイの神”とも言われたチャモアペット代表仕込みの技術でKrushの王座獲りに挑むつもりだ。

 また今回の試合に向けて、結城は「色々なトレーニングを取り入れている」と新たな練習にも着手。トレーニング内容については「秘密です」と詳細を明かすことはなかったが「そのトレーニングのおかげでジムでの練習も変わってきているし、前回の試合から大分変わってきた。あとはそれを試合で見せるだけで、貴章戦とはまた違うものが見せられると思う」と更なる進化に手応えを感じているようだ。
 
 対戦相手の匠とは2013年のWILDRUSHリーグで対戦して判定負けを喫している。この時は匠のテクニックに翻弄され、結城も「(匠は)ポイントを取るのが上手かった」と振り返る。しかし最近の試合で匠が打ち合う姿を見て「前回の試合(匠VSkazyosi)を見ても打ち合っていたんで、今回も近い距離で打ち合ってくれると思う。逃がさずに今回もきっちり倒しに行きます」と打ち合いは望むところだ。

 準決勝のもう一試合=堀尾竜司VS戸邊隆馬について「どちらが勝ち上がってきてもいいように練習している。それを踏まえて練習しているから、どっちが上がってきても構わない」という結城。「トーナメントの中には自分が負けている人間(匠と堀尾)がいる。やられた人間にはやり返したい」と堀尾へのリベンジに闘志を燃やしつつ「戸邊選手も強いと言われているんで、それを喰ってやりたい」と実現すれば初対戦になる戸邊との決勝にもモチベーションは高い。

 またトーナメント出場選手中最年長(28歳)の結城は「年齢も年齢なんでそろそろベルトが欲しいし、やっぱりKrushのベルトが欲しい。(このチャンスは逃せない?)はい。というか逃さないですけどね」と今回のチャンスにかける強い想いを語った。

 公開練習の最後「Krushのチャンピオンは派手な試合をして倒して勝つ。だから自分も倒して勝ちます。しっかり盛り上げて、しっかり勝つ。Krushらしく普通に倒して普通に勝つ。2試合ともそういう試合をやるんで楽しみにしていてください」と力強い言葉で締めた結城。その強打でKrushのベルトを手に入れることは出来るか?

≫ Krush.56大会概要
≫ 匠 選手データ
≫ 結城 将人 選手データ

  • 8・14結城公開練習01
  • 8・14結城公開練習02
  • 8・14結城公開練習03
  • 8・14結城公開練習04
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます