ホーム > お知らせ > 8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」野杁正明の対戦相手は山崎秀晃に決定!「実力でお客さんを魅了したい」(山崎)VS「レベルの高いKO決着になる」(野杁)

お知らせ

8・22「Krush.57 ~in NAGOYA~」野杁正明の対戦相手は山崎秀晃に決定!「実力でお客さんを魅了したい」(山崎)VS「レベルの高いKO決着になる」(野杁)

8・22山崎VS野杁

[2015/07/13]

 7月13日(月)東京・大久保のGSPメディアセンターにて、8月22日(土)愛知・名古屋国際会議場イベントホールで開催される「Krush.57 ~in NAGOYA~」の記者会見が行われた。 >>詳細

 今大会への出場が決まっていた野杁正明の対戦相手がついに発表された。6日の会見では木村“フィリップ”ミノルとの対戦をアピールしていた野杁だったが、木村は7月のK-1代々木大会でのマサロ・グランダー戦で左拳を痛めており、名古屋大会への出場は見送られることに。その結果、野杁の対戦相手としてKrush‐63kg王者・山崎秀晃に白羽の矢が立った。

 これまでKrushではチャンピオンのスーパーファイトは認められなかったが、今後タイトルを保持していない階級でのスーパーファイト出場を認める方向になり、野杁と山崎のスーパーファイトが実現することになった。会見ではまずKrush宮田充プロデューサーがカード決定の経緯を説明した。

「本来、山崎選手は次戦として海外遠征が内定していました。これは9月にフランスで行われる大会で、具体的に話を進めていたのですが、大会主催者の都合により、大会そのものが10月に延期となりました。山崎選手は6月に復帰戦を行い、どんどん試合をしたいという意向が強く、Krushと山崎選手が所属するチームドラゴンで試合スケジュールを再調整し、次戦を協議した結果、8月の名古屋大会に決定しました。山崎選手にはフランス以外からも試合オファーが届いており、海外遠征については8月の試合後に検討したいと思います。

 またこの試合はKrush-65kgのスーパーファイトとして行います。これまでKrushでは、チャンピオンがKrushのリングで試合をする場合、タイトルマッチ以外は認めないという規定があり、1年という防衛期限を設けてタイトルマッチを組んできました。しかし選手からの要望で、タイトルを保持していない階級、今回のように上の階級でやる戦いも今後は認めていく形です。それで戦いの幅が広がっていくと思いますし、今後は一人のチャンピオンが2階級のベルトを保持することがあってもいいと思います。例えば牧平(圭太)選手からは70kgでやりたいという話もあるので、違う階級の選手がお互いに競い合っていければいいのかなと思います」

 宮田プロデューサーの説明を受けて、山崎と野杁がそれぞれ挨拶。文字通りスーパーファイトとなった一戦へ向けての想いを語った。

山崎秀晃
「8月22日のKrush名古屋大会で野杁選手と対戦させていただくことになりました。オファーをいただいた時はびっくりしたのですが、断る理由はないので受けさせていただきました。やるからには勝利して次のステップに進んでいきたいと思います。野杁選手は今まで試合を見させてもらってもリスペクト出来る選手の一人です。会場で会ってもちゃんと挨拶してくれるし、一人の選手としてリスぺクトしています」

野杁正明
「まず木村選手との対戦が流れて残念だなと思っていたのですが、それ以上の想像していないカードが実現して、それはそれでよかったかなと思います。スーパーファイトで試合を受けてくれた山崎選手には感謝していますし、これから色々と対戦カードが発表されると思いますが、この試合が一番盛り上がると思います。僕と山崎選手でバチバチな試合を見せられたらなと思います」

 続く質疑応答で対戦カードが決まった時の心境を「びっくりしました。ここで山崎選手の名前が出てきて、宮田さんもすごい選手を用意してきたな、と。でもすごくうれしかったですね。僕は弱い相手より強い相手とやりたいんで、こういう相手を選んでくれてすごくうれしかったです」と語った野杁。山崎の印象については「一発があって、独特な距離からの攻撃がある。そこには注意しないといけないと思いますね。また最近の試合を見てもチャンピオンの風格があって、チャンピオンに相応しい人という感じがするので、それを乗り越えないといけないのかなと思います」と話す。

 対する山崎も「(野杁は)世界の舞台で海外の強豪選手とたくさん試合をして経験も実力もある選手。そういう相手と試合が出来るということで、自分のスキルアップになると思うし、今後のステータスにもつながると思う」と野杁に対してリスペクトの言葉。「僕らの試合だけで会場を満員に出来るくらいのインパクトある試合をしたいし、試合前から盛り上げていきたいと思います」と熱く語った。

 これまで何度も衝撃的なKO決着を見せてきた山崎と野杁。どんな試合、そして結末を迎えるのか予測不能の一戦だ。どんな試合展開をイメージするか?という質問に対して、2人はレベルの違いを見せたいと口を揃えた。

山崎秀晃
「僕は自分の実力に自信があるし、彼も自信があるはず。試合展開やどちらが倒れているかは分からないし、判定決着になるかどうかも分からない。本当にやってみないと分からないですが、もっとお互いに高いレベルところで攻防して、実力でお客さんを魅了出来ればいいかなと思います」

野杁正明
「山崎選手もKOを狙うだろうし、僕もKOを狙うんで、どちらかのKO決着になると思う。もちろん僕がKO負けするとは思ってもいないですけど、レベルの高いKO決着になるのかなと思います」

 また前回の会見で11月のK-1代々木大会で初防衛戦を控える初代K-1 WORLD GP-65kg王者ゲーオ・フェアテックスへの挑戦権をかけて木村と戦いたいと話して野杁は、改めて「格闘技をやっているからには世界のベルトを獲らないと意味がない。ここで勝ってゲーオ選手の挑戦者としてアピールできればいいなと思います」と宣言。昨年11月のK-1 WORLD GP-65kg初代王座決定トーナメント1回戦でゲーオに敗れ、長期欠場に追い込まれている山崎も「今回の試合がKrush-65kgのベルト、そしてゲーオへと道につながると思う」と語っている。

 両者の発言のあと宮田プロデューサーは「今回の試合は野杁選手が木村選手にアピールしたことから決まった試合で、Krushのスーパーファイトとして考えてもらえればと思います。ただK-1とKrushは同様のルールでやっているので(K-1の挑戦者決定に)影響はあるかと思いますが、K-1サイドがどう考えるかですね」とした上で「まずはこの試合がスーパーファイトとしてどんな決着になるかを見てもらえればな、と。壮絶なKO決着になるのか、ハイレベルな競り合いになるのか。試合展開が全く分かりません。ファンそしてマスコミの皆さんも大会までこの試合を大きく取り上げていただければいいなと思います」と純粋に2人の激突に期待を寄せた。

 これまでのKrushでは実現することがなかった山崎と野杁の一騎打ち。この夏、最大の注目カードの結末はいかに!?

  • 8・22山崎VS野杁
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます