ホーム > お知らせ > 俺たちがKrush-55kg級を盛り上げる! 堀尾竜司、戸邊隆馬、匠、結城将人が第4代-55kg級王座決定トーナメント一回戦の激闘を振り返る

お知らせ

俺たちがKrush-55kg級を盛り上げる! 堀尾竜司、戸邊隆馬、匠、結城将人が第4代-55kg級王座決定トーナメント一回戦の激闘を振り返る

6・12試合後会見02

[2015/06/15]

 6月15日(月)東京・大久保のGSPメディアセンターにて「Krush.55」の試合後記者会見が行われ、第4代-55kg級王座決定トーナメント1回戦を勝利した4選手が出席。大激闘の連続となった1回戦を振り返り、準決勝・決勝への意気込みを語った。 >>詳細

 第3代王者・大雅の王座返上により、6・12「Krush.55」から開幕した第4代王座決定トーナメント。1回戦・4試合はいずれも大激闘となり、会見に出席したKrush宮田充プロデューサーも「1回戦4試合とも気迫溢れる、敗者にも拍手を贈りたくなるような、いつも以上の戦いを見せてくれたと思います。出場8選手がベルトを争うに相応しい試合をやって、4選手が勝ち進んだ意義のあるトーナメントになったと思います」と出場選手たちに賛辞の言葉を送った。

 会見には1回戦で勝利し、8・14「Krush.56」の準決勝・決勝に進出した堀尾竜司、戸邊隆馬、匠、結城将人の4選手が出席。どの選手も顔に腫れや傷が残っており、激闘の余韻が感じられる中、それぞれ1回戦を振り返った。

結城将人
「この前の試合は1・2Rは落ち着いて試合が出来て、3Rに出るつもりで行ってダウンを取れてよかったです。14日はしっかり1日2試合勝ってベルトを巻きます」


「試合前日の会見で『レベルの差を見せる』と言ったのですが、最初は危なくて、でも勝てたので良かったし、うれしかったです。8月14日はしっかりベルトを巻いて、チームドラゴンの同世代や秀さん(山崎秀晃)に続いてKrushのベルトを巻きたいと思います」

戸邊隆馬
「12日は応援とサポートありがとうごあいました。勝ててホッとしているのと次につなげられて良かったという気持ちです。今回、過去最高の身体に仕上がったと思うので、そのまま8月を迎えて、堀尾選手にリベンジしてベルトを獲りたいと思います」

堀尾竜司
「勝ててホッとしていますが、反省点もいっぱいある試合で、勉強することも見つかりました。ただ延長4Rまで戦って勝てたことは自信につながったし、準決勝へ向けていい経験が出来たと思います」

 準決勝の堀尾VS戸邉、匠VS結城はどちらも再戦で、前回の対戦では堀尾と匠が勝利を収めている。準決勝と決勝について4選手はそれぞれ以下のように話した。

結城将人
「準決勝で匠選手にリベンジ出来るので今回はしっかり倒します。決勝はどちらが上がって来るか分からないですけど、どっちでもいいです。決勝の相手もしっかり倒して、地元・葛飾にベルトを持ち帰ります」


「結城選手はパワーもあるし、気持ちも強い。それにこのメンバーで楽な試合はないです。初っ端からキツい試合になると思うけど、しっかり倒します。決勝の相手ははどちらでも構わないです。僕は2人に負けているので、リベンジしてチャンピオンになったらストーリーが出来ると思います。8月はベルトを巻きます、必ず」

戸邊隆馬
「準決勝の相手が堀尾選手になった瞬間、本当に喜びました。再戦できてうれしいですし、1月に堀尾選手に負けて、たくさん考えることや経験させてもらうことがありました。その感謝の気持ちを込めて倒しに行って勝ちたいです。決勝にはどちらが上がってきてもいいと思います。匠選手には1回勝っているけど、そこまで差を見せられなかったので、今回は差をつけて勝ちたい。結城選手とはずっと打ち合ってみたいという気持ちがあったので、両選手ともやりたいです」

堀尾竜司
「戸邉の1回戦の試合を見たのですが、1月とは別人になっている印象がありました。KOする技をすぐに出してくるし、ガードをしっかりしなきゃいけないと思います。1月は僕がダウンを取って、判定まで行って勝つことが出来ましたが、今度はしっかり倒し切りたいと思います。準決勝に勝ち残った4人のうち、自分以外の3人全員に勝っていますが、みんな別人になっているので、それはなかったことにしてやろうと思っています。逆のブロックの匠選手は延長で打ち合ってKrushらしい打ち合いを制して、結城選手は長身の貴章選手相手にパンチでダウンを奪って勝っている。どちらとやって勝ってもKrushのチャンピオンとしての力を証明できると思うので、どっちが来てもいいと思います」

 また4選手はトーナメント全体が盛り上がったことについても言及。言葉を違えど自分たちでKrush-55kg級を盛り上げるという決意を語った。

結城将人
「自分の試合はそんなに盛り上がってないような気がしたんですけど(苦笑)、自分以外は盛り上がっていたと思います。試合を見ていて面白かったので、次、誰とやっても盛り上げられると思います。6月12日はしっかり盛り上げられたか分からないですけど、8月は必ず盛り上げるのでよろしくお願いします」


「僕は試合後に医務室で縫っていたので、結城選手の試合の3Rくらいしか見てないんですけど、ツイッターを見たらトーナメントが盛り上がっていたみたいで、55kgが注目されるのはうれしいし、そこで真のチャンピオンとしてベルトを巻いてKrushを盛り上げていきます。8月はこの4人でしっかり盛り上げて、Krushをもっと…K-1に負けないくらいの団体にします。しっかりチャンピオンになってKrus-55kg級を盛り上げるので、応援よろしくお願いします」

戸邊隆馬
「トーナメントが盛り上がったことをうれしく思っています。客観的に見て、このメンバーはストーリー性があるなと思ったし、準決勝がこの4選手になって、みんな勝ちだけじゃなくて負けも味わっているので、さらにストーリー性があるトーナメントになったと思います。もっと盛り上がってほしいですし、盛り上げたいと思います。応援とサポートありがとうございまいた。すべて証明する試合になっていると思います。ベルトとして僕を証明してみてもらいたいです」

堀尾竜司
「トーナメントがここまで盛り上がったと言ってもらえて正直めちゃめちゃうれしいです。1回戦がこれだけ盛り上がって、勝ち上がった4人が8月に戦うのでもっと盛り上がると思います。自分自身、楽しみです。1回戦はKOどころかダウンも取れなかったので、KO出来る技を磨き直して、ベルトへの気持ちを出し切った最高の試合をしたいと思います」

 初代王座決定トーナメント決勝となった瀧谷渉太VS日下部竜也に始まり、瀧谷VS寺戸伸近、瀧谷VS大雅など数々の名勝負が繰り広げられてきたKrush-55kg級のベルトをめぐる争い。8月14日も過去のタイトルマッチを越える名勝負が期待できそうだ。

  • 6・12試合後会見02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1481270632_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます