ホーム > お知らせ > -63kg級王者・山崎秀晃、9月に初の海外遠征でヨーロッパの強豪と対戦へ!「異国の地でKrushのチャンピオンを知ってもらえるチャンス。ブーイングは上等です」

お知らせ

-63kg級王者・山崎秀晃、9月に初の海外遠征でヨーロッパの強豪と対戦へ!「異国の地でKrushのチャンピオンを知ってもらえるチャンス。ブーイングは上等です」

6・12試合後会見01

[2015/06/15]

 6月15日(月)東京・大久保のGSPメディアセンターにて「Krush.55」の試合後記者会見が行われ、メインイベントで挑戦者ジョアン・カナベラルに判定勝利し、3度目の防衛に成功したKrush-63kg級王者・山崎秀晃が試合を振り返り、今後の試合について語った。 >>詳細

 昨年11月のゲーオ・フェアテックス戦以来、約7カ月ぶりの復帰戦で、カナベラルの挑戦を退けた山崎。試合前に宣言していたKO防衛こそ逃したものの、3度目の防衛に成功し、Krush-63kg級王者として、この日の会見に出席した。会見ではまず山崎が王座防衛、そして復帰戦を飾った心境を語った。

「Krushのベルトを持って帰ることが出来てホッとしています。怪我明けの防衛戦で、判定勝ちですけど、復活できたことをファンのみなさんに感謝して、今はそれを感じたいと思います。内容としてはKOでメインを締めたかったのですが、とりあえずは復活できたので胸を張って、ここから仕切り直しでやっていきたいと思います」

 質疑応答でカナベラル戦の内容について振り返り「自分が持っている技術に加えて、今までやっていなかった心拍トレーニングや下半身トレーニングをやってきて、体力的には余裕を持って戦えた」とスタミナに問題はなかったという山崎。

 その一方で、カナベラルが消極的な戦い方だったとは言え、KOを逃したことには「今回は“山崎秀晃KO勝ち”をテーマに掲げていたので、悪い点という言い方が正しいかどうかは分からないけど、倒せなかったのは大きな反省点です」と悔しさをにじませ「相手の研究も足りなかったですし、細かく言えばカナベラルは顔を倒してパンチを打つタイプで、その辺でポイントがずれたのかなと。あとはフェイントだったり…細かい言えばきりがないのですが、色々と修正点はありました」と自身の課題を挙げた。

 試合内容に反省点や課題は残ったものの、同席したKrush宮田充プロデューサーは「山崎選手は11月に大きな怪我を負って7ヶ月にリングに戻ってきて、9分フルに動けたということで、スタミナも気持ちも切れることがなかった。試合はどうしても相手あってのことですが、Krushとしては山崎選手が復活したことをうれしく思います」と山崎が怪我を克服してリングも戻ってきたことを祝福。

 山崎自身も「周りからおめでとうという声をかけてもらいましたし、周りの応援があったからまたリングに戻って来ることが出来た。周りの応援がなかったら挫折したかもしれないし、心が折れていたかもしれない。自分は21歳で上京して、こんな怪我をすると思わなかったけど、応援団と背中を押してくれる人がいてやれてるんだなと。客席で声援を送って下さる人たちを見て、自分はこの声援を聞くために戻ってきたというのをひしひしと感じました」と復帰できた喜びを語り「自分には自分の魅せ方があるので、チケットを買ってくれた人たちに最高のパフォーマンスを見せないといけない。今回の試合が最高じゃなかったというわけではなく、これからもっともっと練習してみなさんに非日常と刺激を与えていけたらと思います」と完全復活を誓った。

 そんな山崎に早くもチャンスが舞い込んできた。自身初となる海外遠征である。宮田プロデューサーによれば、今回の防衛戦を前に山崎のもとにヨーロッパから試合オファーがあり、防衛戦をクリアしたことで本格的な調整に入っているとのこと。現時点で詳細は明かされなかったが、早ければ今月中もしくは7月上旬までに正式発表される見込みで「9月にヨーロッパに遠征し、ヨーロッパのトップ選手と対戦するスーパーファイトになると思います」という。

 復帰直後に訪れたチャンスに山崎も「僕としてはウキウキした気持ちです。これからは試合もたくさんしたいし、場数も踏んでいきたい。海外でやらせてもらえることで更なるステップアップになると思います。日本とは違う異国の地でKrushのチャンピオンを知ってもらえるチャンスだし、山崎秀晃というアグレッシブでパワフルなファイターを見せつけるいい機会です。いい結果に終わればまた呼んでもらえるだろうし、海外遠征については前向きでポジティブな気持ちです」と意欲十分。

 敵地に乗り込んでの試合になるが「アウェーでもそれなりの試合をすれば、それなりの判定をしてくれるはず。もちろん判定になるつもりはないし、KOできるようにトレーニングします」と言い切り、宮田プロデューサーの「キャラ的にはいい敵役として、日本から強いやつが来たという部分では煽り映像や現地での会見で喧嘩腰で言って欲しい」という言葉を受けて「ブーイングは上等っすよ。かき回してやります。煽って煽って海外ではヒールになって来ます」と普段はあまり見られない血気盛んな一面ものぞかせた。

 新たなキャリアとしてスタートとして、初の海外遠征に燃える山崎は「山崎秀晃・復活ということでこれからどんどん大暴れしていきます!」とファンにメッセージ。Krush王者としての防衛戦はもちろん、日本の枠を飛び出してどんな暴れっぷりを見せてくれるか楽しみだ。

  • 6・12試合後会見01
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます