ホーム > お知らせ > 6・12「Krush.55」結城将人「試合が終わって周りから『面白かった』と言われることが気持ちいい。最低限お客さんが沸く試合をして、それで自分がベルトを巻く」

お知らせ

6・12「Krush.55」結城将人「試合が終わって周りから『面白かった』と言われることが気持ちいい。最低限お客さんが沸く試合をして、それで自分がベルトを巻く」

結城将人

[2015/05/29]

 6月12日(金)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.55」の[第4代Krush-55kg級王座決定トーナメント1回戦・Bブロック/3分3R・延長1R]で貴章と対戦する結城将人のインタビューを公開! >>詳細

――結城選手自身、昨年11月の堀尾竜司戦(判定負け)以来の試合となりました。試合間隔が空いた理由は何だったのですか?

「特にこれと言った理由はないですね。怪我はちょいちょいありますけど、別にそれは関係ないです」

――試合から離れている間に会場で試合を見てうずうずしていましたか?

「う~ん…あんまり気が乗らなかったというか。最近は勝ってなかったんで、それもあると思います。それで前回の試合以来、(練習に)集中できない部分もあったんですけど、今は集中して練習できています」

――今回の王座決定トーナメントが決まった時の心境を聞かせてもらえますか?

「正直、結果を出せてなかったんで『俺が出ていいの?』と思いましたけど、オファーが来たからにはやってみようと思いました」

――第3代王者・大雅選手の王座返上でトーナメントが行われる流れでしたが、自分がトーナメントに選ばれることはイメージしていなかった?

「なかったですね。勝ち続けていればチャンスが来るだろうなと思っていたんですけど、そうじゃなかったんで」

――結城選手は2013年にはWILDRUSHリーグへの出場もありましたが、これまでチャンピオンやベルトを意識したことはありますか?

「勝ち続けたり、派手な試合はしていれば、チャンスが来ると思うんですけど、それが出来ていなかったんで、あまり現実的には考えてなかったです」

――ではトーナメント出場が決まって、気持ちが切り替わったんですね。

「はい。もうガラッと気持ちが切り替わって、今はしっかり練習できています」

――結城選手は”これまでいい試合が多いけど勝てない”ことが多かったと思います。ご自身ではその理由はどこにあったと思いますか?

「自分は試合で熱くなっちゃうんで、それで動けなくなるんでしょうね。練習では落ち着いて出来るんですけど、試合になった目の前に相手がいると……ダメっすね(苦笑)」

――結城選手は格闘技を始めて、どのくらいになるのですか?

「どれくらいだろう…? 今年でプロになって4年目で、ジムに入って7~8年ですね」

――ジムに入るまでは何かスポーツをやっていたのですか?

「何もやってないです。中学の時に(チャモアペット)会長が別のジムでトレーナーをやっていて、そのジムで少しだけ教わってたんですよ。そこはすぐやめちゃったんですけど、その後に会長がジムを出したというのを知って、チャモアペットムエタイアカデミーに入りました。それで入会した1カ月後くらいに試合に出させられて、格闘技は人を殴って蹴って褒められるじゃないですか? それで『これはいいな』と思って、格闘技が楽しくなってきて格闘技の道に進んでいった感じです」

――……ということは格闘技を始めるまではヤンチャだったんですか?

「まぁ…自由奔放に生きてました(笑)」

――なるほど(笑)。タイトルに絡むチャンスは何度も巡ってくるものではないですし、格闘家として自分がやってきたことを形に残したいという気持ちはありますか?

「そうっすね。ジムに入って格闘技にのめり込んで、最低限はベルトが欲しいと思っていたので」

――一回戦で対戦する貴章選手とは2012年4月に一度対戦して勝っている相手ですが、どんな印象を持っていますか?

「どんな相手…唯一イメージに残っているのは前蹴りくらいですね」

――むしろ初めて対戦する相手というイメージでしょうか?

「はい。トーナメントにも過去に戦っている選手がいますけど、これから戦う相手はみんな初対決だと思ってやります」

――トーナメントで意識している選手はいますか?

「そういうのはないです。勝ち上がってきたヤツを倒せば別に。何とも思わないです」

――結城選手の試合は毎回激闘になりますが、どんな試合をしてチャンピオンになりたいですか?

「最低限お客さんが沸く試合をして、それでベルトを巻きたいです」

――4月にはK-1で同じ階級の王座決定トーナメントが行われましたが、そこへのライバル心はありますか?

「別に対抗心はないし、それとは関係なく、試合を盛り上げるというのは最低限やらなきゃいけないことだと思います。お客さんを盛り上げるのは最低ラインです」

――結城選手は昔からそういった考えだったのですか?

「格闘技を始めた頃はそんなこと思ってなかったんですけど、試合が終わって周りから『面白かったよ』とか『次の試合も楽しみにしてるよ』って言われることが気持ちいいじゃないですか? それがあるから自分の中で試合を盛り上げるのは最低ラインで、その上で勝つことを目標にしています」

――このトーナメントでも会場が盛り上がる試合をして、最終的にベルトを巻きたいですか?

「はい。自分がベルトを巻きます」

≫ Krush.55大会概要
≫ 結城 将人 選手データ
≫ 貴章 選手データ

  • 結城将人
  • 堀尾竜司 vs 結城将人
  • 闘魔 vs 結城将人
  • 結城将人 vs 鈴木優也
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます