ホーム > お知らせ > 5・4「Krush.54」佐藤嘉洋VSジョーダン・ピケオーは6年越しの因縁マッチ! 師の仇討に燃えるピケオーに、佐藤は「全力で勝利をつかみ取る」

お知らせ

5・4「Krush.54」佐藤嘉洋VSジョーダン・ピケオーは6年越しの因縁マッチ! 師の仇討に燃えるピケオーに、佐藤は「全力で勝利をつかみ取る」

5・4佐藤嘉洋VSジョーダン・ピケオー

[2015/05/03]

 5月3日(日)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.54」の前日計量・記者会見が行われた。会見ではスーパーファイト[Krush -70kg Fight/3分3R・延長1R]で対戦する佐藤嘉洋とジョーダン・ピケオーが意気込みを語った。 >>詳細

 今回が初来日そしてKrush初参戦となるピケオーは「コンディションはとてもいいよ。サトウは今まで戦った中でもトップクラスの選手だと思うし、激しいトレーニングを積んできたから準備は万端だ」と気負う様子もなく「サトウが強くていい選手であることは間違いない。気をつけるのはヒザ蹴りだったり、色々とあるけど、誰が相手でも一緒で、リングに上がるまで試合がどうなるか分からない。俺は持ち味を出せるようにシャープに仕上げるだけさ」と続ける。

 ピケオーは4月のK-1代々木大会で野杁正明をヒザ蹴りによるカットでドクターストップに追い込んだマサロ・グランダーと同門。ピケオーは「俺もカットで試合続行できなくなるのだけは気をつけたい」とジョークを交えつつ「マサロはノイリに勝って、しかも最初から最後まで試合を支配していた。マサロはいい選手で一緒に練習するし、練習が終われば笑い合う仲間だ。マサロと『必ず勝ってくる』と約束してきたから、その約束を果たせるようにベストを尽くすよ」とグランダーに続くアップセットを誓った。

 対する佐藤は「愛を知る県・愛知県の佐藤嘉洋です。そこまでキツい減量ではないのですが、最後に軽く水抜きしたので、今はすべての食べ物に感謝しています」と挨拶。「ピケオー選手は先々週のK-1で野杁選手に勝ったマサロと同じジムで戦い方もかなり似ています。若くて勢いがあって、黒人選手特有の身体能力もあって、そういった部分は間違いなく僕より上です。僕も黒人選手と戦ったことがありますが、計量で身体つきを見て、足のバネや上半身のデカさなど、筋肉が柔らかそうだと思いました」とピケオーの身体能力や勢いに警戒心を示す。

 その一方で、今回が80戦目と経験豊富な佐藤は「そこをしっかり潰して、日本人らしく戦って勝利をもぎ取りたいと思います」とベテランらしく語り、ピケオーが公開練習で発した「サトウは年老いたライオン」というコメントには「気持ちだけは若いんだよ!」と反撃した。

 会見の最後には両者の間に因縁も生まれた。2009年7月に佐藤はMike’s Gymのユーリ・メスに判定勝利。メスは佐藤戦を最後の現役を引退し、現在はMike’s Gymでトレーナーを務めている。そのメスから指導を受けているピケオーは「俺は今回、メスと共に激しいトレーニングを積んできて、必ず勝つと約束した。明日は必ずサトウに勝つためにリングに上がる」と6年越しとなる仇討を宣言。

 これを聞いた佐藤も「あの試合はテレビでOAされてなかったので、あまり知られていまえせんが、僕にとっては思い出深い試合です。僕自身ユーリ・メスのことを尊敬していて好きなファイターで、引退試合の相手も務めました。その彼が教えている選手なら、自分も全力で勝利をつかみ取らなければいけないと思いました」と尊敬の念を持って叩き潰すと誓った。

 写真撮影ではファイティングポーズでの2ショットだけでなく、フェイス・トゥ・フェイスで睨み合った2人。明日は様々な感情がぶつかり合う激闘になるだろう。

≫ Krush.54大会概要
≫ 佐藤 嘉洋 選手データ
≫ ジョーダン・ピケオー 選手データ

  • 5・4佐藤嘉洋VSジョーダン・ピケオー
  • 5・4佐藤嘉洋VSジョーダン・ピケオー02
  • 5・4佐藤嘉洋VSジョーダン・ピケオー03
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます