ホーム > お知らせ > 4・12「Krush.53」第3代-70kg級王座はどちらの手に!?山崎陽一「誰が見ても興奮するような試合をする」VS中島弘貴「王者になるためにトーナメントに出場した」

お知らせ

4・12「Krush.53」第3代-70kg級王座はどちらの手に!?山崎陽一「誰が見ても興奮するような試合をする」VS中島弘貴「王者になるためにトーナメントに出場した」

山崎陽一VS中島弘貴

[2015/04/11]

 4月11日(土)東京・大久保にあるGENスポーツパレスにて、東京・後楽園ホールで開催される「Krush.53」の前日計量・記者会見が行われた。会見ではメインイベント(第9試合)[第3代Krush -70kg級王座決定トーナメント・決勝戦/3分3R・延長1R]で対戦する中島弘貴と山崎陽一が調印式を行い、さらに試合に向けての意気込みを語った。 >>詳細

 今年1月からスタートした、第3代Krush-70kg級王座決定トーナメントの決勝戦となる今回の戦い。山崎は1・4「Krush.50」で山内佑太郎戦にKO勝利して決勝に駒を進め、対する中島は2・6「Krush.51」で松倉信太郎との元同門対決に判定勝利を収めて、決戦の舞台に立つことになった。

 両雄は2013年に一度対戦し、この時は延長ラウンドまでもつれる接戦の末、山崎が判定2-1で勝利。それを踏まえ、今回の決勝戦について中島が「お互い、さらに強くなっているので、前回よりいい試合になると思います。山崎選手はパンチも強くタフなので楽しみです」と前戦の雪辱を誓うと、山崎は「あの試合はマスト判定じゃなければドローだったと思います。中島選手もあの時とは別人だと思うので、過去の試合は参考にならないか、と。松倉選手との試合を見てもパンチがうまくなっていたので、一発もらわないように気をつけます」と、強敵との再戦に向けて警戒心を見せた。

 今回は山崎と中島、どちらが勝ってもKrush-70kg級王座初戴冠となるが、それぞれ「このトーナメントに出てきたのは王者になるためで、練習も勝つためにしてきました。ドキドキワクワクしてますけど、明日は落ち着いて試合して王者になります」(中島)、「Krushなので、KOを狙って全力でいきます。すべてをぶつけて、会場はもちろん、ニコ生で見る人や誰が見ても興奮するような試合をするので期待してください」(山崎)と、その決意を表明。

 決戦まであと一日。悲願の王座に向けて準備万全だという両雄だけに、一瞬足りとも見逃せない激闘が展開されそうだ。

  • 山崎陽一VS中島弘貴
  • 山崎陽一VS中島弘貴01
  • 山崎陽一VS中島弘貴02
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます