ホーム > お知らせ > 3・14「Krush.52」泰斗「今年こそは絶対にベルトを獲ると決めている。ここで負けていたら先はないし、後藤選手を倒して夢の扉を開きます」

お知らせ

3・14「Krush.52」泰斗「今年こそは絶対にベルトを獲ると決めている。ここで負けていたら先はないし、後藤選手を倒して夢の扉を開きます」

泰斗

[2015/03/07]

 3月14日(土)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.52」の[Krush -65kg Fight/3分3R・延長1R]で後藤眞暢と対戦する泰斗のインタビューを公開! >>詳細

――昨年11月にK-1 WORLD GP-65kg初代王座決定トーナメントのリザーブファイトに抜擢された泰斗選手ですが、イリアス・ブライドにKO負けという結果に終わりました。あの試合を振り返って、いかがでしたか?

「K-1という大舞台を経験できて、試合をしていて気持ちよかったですね。あとは初めてヨーロッパの選手と試合をして、力の差を感じました」

――泰斗選手は2012年に中国でK-1 WORLD GP-65kg初代王者ゲーオ・フェアテックスとも対戦していますが、ゲーオとは違うものを感じましたか?

「向かい合った時の迫力はゲーオが過去最高でしたけど、イリアスはパワーというか身体の圧力がすごかったですね」

――イリアス戦を経て、どんなことを意識して練習してきましたか?

「やっぱりフィジカルの差を感じたので、イリアス戦の前からやっているフィジカルトレーニングはより力を入れてやっています」

――技術的な部分はいかがでしょう?

「あの試合はスタミナが切れてガードが下がったところにパンチをもらっちゃったので、スタミナが切れてもしっかりディフェンスする。基本的なことですけど、そういう部分から練習を見直しています」

――泰斗選手は攻撃力が持ち味ですが、そうじゃない部分もレベルアップしなければいけないと感じたわけですね。

「そうですね。どれだけ攻撃力があっても、それを活かすことが出来なかったら意味がないわけで。ただ思いっきり殴るだけだったら誰でも出来ると思うんですよね。試合で攻撃力を発揮しようと思ったら、まずはやられないことが大事だし、防御はすべての基本だと思いました」

――まさに攻撃のために防御を学ぶ、と。

「はい。防御を意識するからディフェンシブになるのではなくて、防御を覚えれば攻撃にもつながるという感じです。特に自分のようなタイプはそうだと思います」

――そして今回は約4カ月ぶりになります。春頃には試合をしたいと思っていたのですか?

「もっと早いタイミングで試合のオファーをもらっていたのですが、11月にイリアスに負けて、すぐ試合をしても同じような試合しかできないと思ったんですよね。だからここは一度、期間を空けて、しっかり自分を磨き直してから試合をしよう、と。それでこのタイミングの試合になりました」

――対戦相手の後藤選手にはどんな印象を持っていますか?

「K-1の試合を見た限り、パンチとローで攻めるスタイルですよね」

――客観的に見て泰斗選手も後藤選手も攻撃力がある選手なので、噛み合う試合になるんじゃないかと予想しています。

「みなさんは打ち合いが見たいと思いますけど、今回はただ単に無茶に打ち合うようなことはしません。やっぱり僕も上を目指して戦っているので、しっかり成長した姿を見せて、狙う所を狙って倒すという試合にしたいです」

――Krush-65kg級はタイトルマッチの度に王者が変わっている激戦区です。逆に言えばそれだけチャンスがある階級だと思います。泰斗選手も後藤戦をクリアしてタイトル戦線に絡んでいきたいですか?

「去年は初代王座決定トーナメントのチャンスがあったのに(ベルトを)獲ることが出来ませんでした。今年こそは絶対にベルトを獲るつもりなので、言い方は悪いかもしれないですけど、このレベルの相手に負けていたら先はないです。何が何でも負けられないですね」

――トーナメントを経験して、Krushのベルトを獲りたい気持ちは強くなっていますか?

「いやあ…それはもう絶対に。Krushのベルトが欲しい…というよりもKrushのベルトを獲ると決めたので獲ります」

――では後藤選手に勝って、タイトル挑戦をアピールしたいところですね。

「もちろん。微妙な判定勝ちではしょうがないので、きっちりKO勝ちしてタイトル挑戦をアピールしたいです。初代のベルトを取り損ねちゃったので、4代目は僕がいただきます」

――泰斗選手はK-1とKrushのリングをどちらも経験して、改めてKrushの良さを感じた部分もありますか?

「はい。K-1はK-1の良さがあるし、KrushにもKrushの良さがある。僕はそう感じました。なんと言ったらいいんだろう…Krushのお客さんの温かい感じや雰囲気は特別で、K-1でたくさんの人たちに見られて戦うのとは、違う気持ち良さがあるんですよね。それを感じました」

――なるほど。泰斗選手はKrushのリングが好きですか?

「そうですね。もちろんまたK-1でも戦いたいと思いますが、今はKrushのベルトという目標があるので、Krushのベルトを獲りたいです。後藤選手を倒して夢の扉を開きます!」

≫ Krush.52大会概要
≫ 泰斗 選手データ
≫ 後藤 眞暢 選手データ

  • 泰斗 vs ユウキ・テイル・旬
  • 泰斗 vs ユウキ・テイル・旬
  • 泰斗 vs 緒方惇
  • TaCa vs 泰斗
1479105558_1_0.jpg
Krush.71
2016/12/18 18:00開始
後楽園ホール
1479987816_1_0.jpg
Krush.72
2017/1/15 18:00開始
後楽園ホール
Copyright © 2016 GOOD LOSER All Rights Reserved. | 当サイトに掲載されている画像やムービーの無断転載を禁じます